編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

ホワイトペーパー

基幹システムへのコンテナ技術適用で生じる課題とは?運用も含めたマネージドサービス活用が解決の鍵に

株式会社日立製作所/レッドハット株式会社 2022-06-09

不確実性の時代とも呼ぶべき現在においては、以前であれば10年~30年に一度起こっていたような変化が日常的に生じている。このような時代に企業が生き残り成長を続けていくためには、回復力や拡張性、俊敏性といった力が欠かせない。そこでカギを握るのが、クラウドネイティブな技術を活用したDXの推進である。とりわけ新たなサービスや事業の迅速な立ち上げに最適な技術であるコンテナの導入は、DX推進を加速させるにあたり必須だと言える。

しかしながら、コンテナ技術を「ビジネスクリティカル領域」へ適用するとなると、さまざまな課題に直面するのも事実だ。そこで本資料では、コンテナ技術を基幹システムへ適用する際の課題を改めて整理するとともに、それらの課題を解決しニューノーマル時代の経営を支えることのできる日立の「OpenShiftマネージドサービス」の全容について明らかにしている。高い可用性や耐障害性を備えたOpenShift環境を手に入れるためにも、ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]