編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

AI自動翻訳導入における唯一のポイントと費用、UI/UX、翻訳精度、セキュリティの4つの観点から解説

株式会社みらい翻訳 2022-03-09

みらい翻訳が実施した大規模調査によると、外国語を使用した業務を継続的に実施している人の数は730万人に上ることが分かった。ビジネスのグローバル化や少子化による外国籍人材の積極的な採用を背景に、今後もこの傾向が続くと考えられる。資料の作成以外にも、メールやチャットでのコミュニケーションで翻訳ニーズが高まることが見込まれる中で、活用が期待されているのがAI自動翻訳だ。このAI自動翻訳サービスの導入には、唯一とも言えるポイントがあるとみらい翻訳は指摘する。
以下の資料では、そのポイントについてシンプルに指摘した上で、費用プラン、UI/UX、翻訳精度、セキュリティという4つの観点で、理由を確認していく。さらに、みらい翻訳が提供する企業向けクラウドAI自動翻訳「Mirai Translator」を紹介することで、翻訳という課題の解決策を理解できる内容になっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]