ホワイトペーパー

KADOKAWAグループが実践、インフラ運用コスト削減とエンジニア属人化からの脱却方法

Elasticsearch株式会社 2022-02-07

KADOKAWAの戦略子会社として2019年4月に設立されたKADOKAWA Connectedは、動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、同グループで運営するサービスのインフラ開発・運用やICTコンサルティング、働き方改革支援を展開し、現在はその実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション(DX)アドバイザリーサービスを提供している。
2017年ごろ、競合プラットフォームを調査した結果、自社のサービスインフラにはログなどの非構造化データを検索・収集・格納する仕組みが足りないと判明。また、エンジニアが長く同じ仕事に携わるケースが多く、業務の属人化が進行していることも課題となった。
そこで同社は、プライベートクラウドサービスのログ検索・収集・格納の仕組みを単一基盤で標準化・共通化を図り、運用のセルフサービス化に着手。また、障害調査作業に伴う負荷を軽減してエンジニアの組織内での流動性を高めた。以下の資料では、同社が実践したサービスインフラの運用コストの低減を実現した経緯を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]