編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

Slackで3倍のROIを実現する方法、フォレスターとの共同調査で見えた具体的な導入効果

Slack(株式会社セールスフォース・ジャパン) 2022-07-19

Gartnerの調査によると、80%以上のビジネスリーダーが、今後部分的なケースを含めて、従業員にリモートワークの継続を要請するという。CIOはセキュリティやコンプライアンス、効率化といった技術面の課題に加えて、従業員の分散を含めた人材面の課題にも対応しなくてはならない。58%のCIOが2020年における最優先項目の1つとして、デジタルコラボレーションの実現と社内ツールの導入を挙げている。そこでいま大きく注目されているツールがSlackである。オフィスで実践していたことのコピーではなく、デジタルな職場を前提としたコラボレーションの新たな枠組みである。収益面のメリットも見逃せないという。

この資料では、Slackの委託でForrester Consultingが実施した調査をもとに、メールやチャットからSlackに切り替えたチームがさまざまな利益を得たことについて詳しく解説する。投資対効果の大きさも具体的にわかるようにしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]