ホワイトペーパー

保守/運用コスト8割削減も!事例に学ぶ“超高速開発”でレガシーマイグレーションを成功させる手法

JBCC株式会社(HARMONIZE) 2022-02-25

DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が企業にとっての最優先事項となるなか、「2025年の崖」として叫ばれているように、複雑化・老朽化・ブラックボックス化した既存のレガシーシステムがDXの大きな阻害要因となってしまっている現実がある。レガシーシステムをモダナイズする方法は幾つかあるものの、とりわけネックとなるのが数十年に渡って運用され続けてきたCOBOLのアプリケーション資産である。そこで検討すべきなのが、業務プロセスは変えずにアプリケーションやデータ構造を再構築するために、新しいプログラム言語でリライトするというアプローチだ。
本資料では、1年半で2万本ものCOBOL資産を移行するとともに、保守/運用コストを8割削減するのに成功した代々木ゼミナールの事例から、「超高速開発」を用いてマイグレーションを成功させるために必要な方策について解説している。メインフレームのマイグレーションを最短で実行し、コスト削減と安定性・品質を担保したシステムを構築するための手法をぜひ知っていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]