編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

ISO30414認定と人的資本経営の実現のための“データ分析・可視化”のポイントを解き明かす

株式会社ラキール 2022-07-01

2018年に「社内外への人的資本の情報開示のガイドライン」として「ISO30414」 が制定されたのを皮切りに、人材戦略と経営戦略との連動状況や、その取り組みの“可視化”や“開示”が投資家などのステークホルダーから注目されるようになった。いま企業には、人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで中長期的な企業価値向上につなげる経営のあり方を指す「人的資本経営」が強く求められているのである。

そして人的資本経営を実践していく上で課題となりやすいのが、「従業員のスキル」「従業員の能力」などの情報の集約とデータの可視化だ。継続的な情報公開を行うためにはデータ可視化が欠かせないものの、分析対象のデータが複数のシステムに散在し分析できる状態でないケースや、Excelでの複雑な分析や分析担当者の属人化などにより最新情報は担当者がいないと確認できないケースなど、企業が抱えるそれぞれの事情が深刻な障壁となりがちである。

このような背景を受けて本資料では、人的資本経営を実践するうえでのデータ分析・可視化のポイントについて、具体的なソリューションやそれによる人的資本経営実践のデータ活用例なども踏まえて詳しく解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]