ホワイトペーパー

ワークフローの進展、オンプレからのクラウド移行で解消される課題とは?

株式会社kickflow 2023-08-03

稟議・ワークフローシステムの運用における「他システム連携」は、基幹システムや他クラウドサービスとの連携ニーズが高まる一方で、企業は開発人員不足や時間制約、学習コストの高騰といった課題に直面している。特に既存のオンプレミス型システムでは、セキュリティの観点からWeb上での外部連携が難しい事例もある。

東証プライム上場のSHIFTは、これらの課題に立ち向かい、稟議・ワークフローシステムをリプレースして業務自動化を達成した。以前のスクラッチ型システムでは運用負担が大きく、外部連携が制約されていたが、新たなシステムの導入により、TeamsやSalesforceとの連携を実現し、業務プロセスを効率的に自動化している。

本資料では、Slackとの連携で承認リードタイムを短縮したSHIFT、kintoneとの連携で購買稟議の後続処理を自動化したQualiArts、そしてAPIを活用して業務効率を向上させたHENNGEの企業事例を紹介している。これらの事例は、他システム連携が稟議・ワークフローシステムの運用において解決策となり、デジタルトランスフォーメーションにおいて示唆に富んだ内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]