「着信メロディ市場の動向と今後の展望(4)」を販売開始

~05年は着うた/着うたフルが急成長MNP 導入で06年も成長持続~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年09月19日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、着信メロディ配信サービス市場などについて調査し、レポートにまとめた「着信メロディ市場の動向と今後の展望(4)」を販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年9月19日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
   「着信メロディ市場の動向と今後の展望(4)」を販売開始
  ~05年は着うた/着うたフルが急成長MNP 導入で06年も成長持続~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)が、着信メロディ配信サービス市場などについて調査し、レポートにまとめた「着信メロディ市場の動向と今後の展望(4)」を販売を開始しました。

【詳細URL: (リンク ») 】


■■ 調査内容 ■■

これまで拡大傾向であった着信メロディ市場が2005 年に縮小に転じた。すでに着信メロディ系市場の動向は着信メロディから「着うた」系へと需要が流れており、2005 年はこうした傾向に拍車がかかった恰好だ。

一方、「着うた」「着うたフル」市場は勢いを増している。携帯電話サービス自体も2G から3G サービスへの移行が高まり、パケット定額制サービスの普及やデータ通信速度の高速化も追い風となった。

「着うた」「着うたフル」の人気が高まる中、携帯電話事業者3 社も音楽配信サービスに対する取り組みを進めている。すでにKDDI(au)はソニーと「Walkman」ブランドの携帯電話端末「ウォークマンケータイW42S」を共同開発して市場投入した。


■■ キーワード ■■

■縮小化する着信メロディ市場
3Gやパケット定額制の普及、データ通信速度の高速化に伴い、「着うた」「着うたフル」への移行が進んだ。

■着うた系市場は拡大傾向
着信メロディから「着うた」「着うたフル」への移行が進み、着信メロディ市場の半分にまで成長している。

■MNP導入で市場が活性化
MNP導入により、相当数存在するものとみられるコンテンツ利用者におけるスリープ会員の再構築が想定され、着信メロディ系市場の活性化につながる。


■■ 市場規模推移と予測 ■■

モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)によれば、2005年の着信メロディ系市場は前年比38.0%増となる1,610億円になったという。

着信メロディ市場が同10.2%減の1,048億円に縮小したものの、「着うた」「着うたフル」市場が同179.6%増となる562億円を記録し、着信メロディ市場の縮小分を補完し、市場全体を拡大させている。

すでに日本国内の携帯電話市場は3Gサービスに移行が進んでおり、着うた/着うたフルなどの3G向け大容量コンテンツの利用も促進された格好だ。

また、携帯電話事業者各社によるパケット定額制サービスが普及しつつある中、NTTドコモやボーダフォンもHSDPA(High Speed Downlink Packet Access)方式サービスを開始する。

それに伴い、今後はパケット定額制サービスとデータ通信速度の高速化が着うた/着うたフルの普及に拍車をかける可能性も高い。


■■ 目次/図表 ■■

要約
キーワード
   表:事業者による着信メロディ系サービスの動向

1.市場概況
  開始以来初の前年割れになった着信メロディ市場
  着うた/着うたフル市場は前年比3倍に急成長
  事業者と他企業との端末共同開発進む
   表:音楽配信サービスにおける事業者3社と他企業との関係

2.市場規模推移と予測(2005~2010年)
  2005年は着うた系市場が着信メロディの半分にまで成長
   図:着信メロディ/着うた市場規模の推移と予測(エムレポート推定)
   表:着信メロディ/着うた市場規模の推移と予測
  着信メロディ市場の縮小はスリープ会員が影響
  利用料の安価さがウリの着信メロディ

3.携帯電話事業者の動向
  NTTドコモの動向
  KDDIの動向
  ボーダフォンの動向

4.着信メロディ配信プロバイダ各社の国内動向
  フォーサイド・ドット・コムの動向
  ドワンゴの動向
  9月から着信メロディ試聴サービスを開始したエンターブレイン
  オリコンの動向
  8月から大人向け楽曲配信を開始したスパイナルコード
  リッスンジャパンの動向
  7月から音楽配信を開始した247みゅーじっく
  フェイスの動向
  4月からボーダフォン向け着うたフル配信を開始したコロムビア
  4月からオーケストラ演奏の着信メロディ配信を開始したケイブなど

5.着信メロディ配信プロバイダ各社の海外動向
  2006年内にインド市場でサービスを開始するインデックス
  2月にオーストラリアで着うた配信を開始したNECビッグローブ
  2月に中国で情報配信会社を設立した日本エンターなど
  1月に北京市にコンテンツ配信子会社を設立したダイキサウンド

6.関連リンク


■■ 概要 ■■

【詳細】
商 品 名:「着信メロディ市場の動向と今後の展望(4)」
発 刊 日:2006年9月12日
判  型:A4版28頁〔PDF資料〕
発  行:エムレポート
販  売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
頒  価:15,750円(税抜15,000円+消費税750円)

【詳細URL: (リンク ») 】


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
※2006年9月4日(月)商号の変更及び住所移転いたしました。
〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?