JPRSが『JPドメイン名レジストリレポート2005』を本日公開 ‐JP DNSの安全性への取組み、日本語JPドメイン名の普及促進など、安心して利用でき、価値の高いJPドメイン名環境の構築に注力‐

株式会社日本レジストリサービス 2006年03月15日

2006年3月15日発表
報道関係者各位
                  株式会社日本レジストリサービス(JPRS)


    JPRSが『JPドメイン名レジストリレポート2005』を本日公開    
   ‐JP DNSの安全性への取組み、日本語JPドメイン名の普及促進など、
    安心して利用でき、価値の高いJPドメイン名環境の構築に注力‐


 JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、JPドメイン名の登録管理業務に関するJPRSの2005年の年次報告書、『JPドメイン名レジストリレポート2005』を一般に公開しました。

 JPRSは、2005年度も、設立以来のコンセプトであるJPドメイン名登録サービスの「信頼性」「利便性」「安定性」「経済性」の4つの柱のバランスを取りながら、それぞれをより高度なものにすることに努めてきました。特に「JP DNSの信頼性・安定性向上」と、「日本語JPドメイン名の利用環境整備と普及」を重点施策として掲げ、具体的には、それぞれ下記のような取り組みを行ないました。

 (1)JP DNSの信頼性・安定性向上のための取り組み
  ・一般への情報提供、注意喚起(6月)
  ・JPRSから該当する登録者への連絡(8月)
  ・不適切なDNSサーバ設定の削除を決定(12月)
 (2)日本語JPドメイン名の利用環境整備と普及のための取り組み
  ・「人名辞典.jp」サイトの開設(1月)
  ・「日食中継プロジェクト( (リンク ») )」への参加(4月、10月)
  ・「駅街ガイド.jp」サービスの提供(12月)

 さらに、JPドメイン名のレジストリとしての中期ビジョン実現のため、JPドメイン名の「信頼性」「安定性」「利便性」を十分確保したうえでの料金の低廉化に取り組み、2005年第4四半期には汎用JPドメイン名の登録更新料の改定を行ないました。また、日本語JPドメイン名の登録に関する料金に関し、指定事業者のキャンペーンへの支援を開始しました。

 これらにより、2006年3月1日現在で、JPドメイン名の累計登録数は初めて80万件を突破しました。また、日本語JPドメイン名も、JPドメイン名全体の約15%(約7個に1個)を占めると共に、世界で248あるccTLD(国別ドメイン名)の国際化ドメイン名の中で、世界第2位の地位を占めるまでに成長しています。(JPRS調べ)

 2006年は、ユーザの「利便性」向上のための取り組みとして、JP DNSの更新間隔の大幅な短縮を4月から予定しています。また、インターネットのブラウザとして多くの方が利用している「INTERNET Explorer」が国際化ドメイン名に対応予定であることも踏まえ、日本語JPドメイン名のさらなる普及促進活動に注力します。「信頼性」「安定性」「経済性」の拡充についても、引き続き取り組んでいきます。

 JPRSは、今後もJPドメイン名のレジストリとして、その公益性に鑑み、広くインターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、より利用しやすく価値の高いJPドメイン名サービスの提供に努めてまいります。

-----------------------------------------------------------------
■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
 URL: (リンク »)

 JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

-----------------------------------------------------------------
■参考URL
 1. 『JPドメイン名レジストリレポート2005』公開のお知らせ
   (2006年3月15日公開)
    (リンク »)

 2.JPRSの2005年発表文書
 (1)「DNSサーバの不適切な管理が引き起こす脅威と対策について」
    (リンク »)

 (2)「JPRSがDNSサーバの不適切な管理による危険性解消のための
    取り組みを開始」
    (リンク »)

 (3)「JPRSがDNSサーバの不適切な設定による危険性解消に向けた
    措置を実施」
    (リンク »)

 (4)「DNSサーバの不適切な設定の削除とそれに伴う技術細則の
    改訂について」
    (リンク »)

 (5)「JPRSが『人名』を用いた日本語JPドメイン名のポータルサイト
   『人名辞典.jp』サイト( (リンク ») )を本日開設」
    (リンク »)

 (6)「JPRS参加の『ハイブリッド日食プロジェクト』( (リンク ») )
   で日本語JPドメイン名によるアクセス数が41万件を突破」
    (リンク »)

 (7)「JPRS参加の、「ライブ!ユニバース」の金環日食中継プロジェクト
   ( (リンク ») )で、日本語JPドメイン名によるアクセス数が
   約55万件を記録」
    (リンク »)

 (8)「JPRSが日本語JPドメイン名の本格的利用方法を開拓」
    (リンク »)

----------------------------------------------
■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)社長室広報
TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
e-mail: press@jprs.co.jp
(リンク »)
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階
----------------------------------------------

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日本レジストリサービスの関連情報

株式会社日本レジストリサービス

株式会社日本レジストリサービスの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR