エイケア・システムズ、ISMS認証基準の国際規格「ISO/IEC 27001」認証を取得

~徹底したセキュリティ重視の運用でさらに安心のサービスを提供~

エイケア・システムズ株式会社 2006年04月27日

エイケア・システムズ株式会社(本社:東京都港区、資本金:3億 2,100万円、代表取締役:有田道生、以下エイケア)は2006年4月19日 付けで、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証基準の 国際規格である「ISO/IEC 27001」の認証を取得いたしました。

■ エイケアの情報セキュリティへの取り組み ■
月間一億通を超えるメール配信システムを運用するエイケアでは、高いレベル
のセキュリティ体制構築の一環として、業界に先駆けて2003年にプライバシー
マークを取得するなど、セキュリティ対策への向上に積極的に取り組んで
まいりました。
プライバシーマークが企業における「個人情報の保護」を目的とするのに対し、
このたび取得した「ISO/IEC 27001」では、「情報資産」として分類された
すべてのデータ、紙、電子媒体などに対するセキュリティを確保、維持する
ために、規格に基づいたルールを策定し、セキュリティレベルの維持やリスク
アセスメントの実施などを継続的に実施するフレームワークを構築、運用する
ことが求められています。エイケアではPlan[セキュリティ計画の策定、改訂]、
Do[ISMS運用、教育]、Check[内外からの監査]、Act[経営陣による見直し・
改善]のPDCAサイクルを定期的に実施し、第三者の視点を取り入れた情報セ
キュリティ対策を継続的に改善、強化する運用を行っております。
このたびの認証取得によりエイケアは、適切な情報セキュリティ対策を行って
いる企業として、国際的に証明されたことになります。

■ 登録認証の内容 ■
事業者名:エイケア・システムズ株式会社
適合認証規格:ISO/IEC 27001:2005
認証範囲:本社オフィスの情報資産管理
審査機関:ビーエスアイジャパン株式会社
認証期間:英国認証期間認定審議会(UKAS)
     財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)
認証番号:IS 504445(UKAS)
    :IJ 504446(JIPDEC)
認証登録日:2006年4月19日

■ 「ISO/IEC 27001:2005」とは ■
ISO/IEC 27001は、組織がISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)を
構築し、運用していく際に、従うべき要求事項を定めた規格です。
これまで英国規格であったISMS認証基準の「BS7799-2:2002」は、2005年10月
15日に「ISO/IEC27001:2005」が発行されたことにより国際規格となり、ます
ます注目を集める認証制度となりました。
国際規格化に伴い「ISO/IEC27001:2005」は、従来BS7799-2:2002を元に国内
で行われているISMS適合性評価制度と比較して、より有効性、実行性を厳しく
問われる内容となっています。

■ 今後の予定 ■
エイケアでは、高いレベルの情報セキュリティ管理体制で運用することも
サービスの一環と捉え、今後も更なる信頼にお応えできるよう、セキュリティ
対策の向上に積極的に取り組み、高度な体制を維持・改善し、お客様に安心
してご利用いただけるサービス、システムを提供するよう注力してまいります。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【製品・サービスに関するお問合せ先】
エイケア・システムズ株式会社 営業部
フリーダイヤル:0120-60-9920 FAX: 03-5786-2651
Eメール:  info@a-care.co.jp

【報道関係お問合せ先】
マーケティング部 森田(もりた)、柳瀬(やなせ)
電話: 03-5786-2655  FAX: 03-5786-2651
Eメール:  pr@a-care.co.jp (広報窓口)

【会社概要】
会社名: エイケア・システムズ株式会社(英文名: A-Care Systems, Inc.)
本 社: 〒107-0061 東京都港区北青山1-3-6 SIビル青山 6F
資本金: 3億2千1百万円
代 表: 代表取締役 有田道生
URL:  (リンク »)
事業概要: メッセージングテクノロジを核とした、システムの導入コンサル
ティングからソフトウェア開発、システム運用までのトータルソリューションを
提供。システムコンサルティングサービス、システムインテグレーション
サービス、ASP、アプリケーションパッケージ販売。 2003年、業界に先駆けて
プライバシーマークを取得。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
■その他記載されている会社名、製品名は商標または登録商標です。

                               以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!