企業向けスイッチの最上位シリーズ「OmniSwitch 9000」

IPv4/IPv6をハードウェアでサポートし、次世代ネットワークへの移行を推進

日本アルカテル株式会社 2006年01月25日

 日本アルカテル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西山直人)は、企業向けコアスイッチの最上位機種となる、IPv6対応の10ギガビット・イーサネットスイッチ「OmniSwitch 9000シリーズ」(オムニスイッチ9000シリーズ)の販売を1月25日より順次開始します。

 価格は、11RU(ラックユニット)の筐体に10スロット(うち2つはシャーシ管理モジュール専用)を備え、最大48ポートの10ギガビット・イーサネットを収容できる「OmniSwitch 9700」(1月25日より販売開始)が500万円から、17RUの筐体に18スロット(うち2つはシャーシ管理モジュール専用)を備え、最大96ポートの10ギガビット・イーサネットを収容できる「OmniSwitch 9800」(本年第4四半期より販売開始)が800万円から。シリーズ全体で初年度10億円の売上を目標としています。

 OmniSwitch 9000シリーズは、米ブロードコム社の完全統合型イーサネットスイッチチップ「StrataXGS Ⅲ」を市場で初めて搭載した高密度・大容量のシャーシ型マルチレイヤ・スイッチ。「Fuji」(富士)というコードネームで開発が進められたことからもわかるように、日本市場での一層の拡販をターゲットとしたアルカテルの戦略製品です。日本が世界に先行する次世代インターネット通信規格「IPv6」をハードウェアで処理できるため、導入企業は将来的に次世代ネットワーク環境へ移行する際、余分なコストをかけずにスムーズな対応が可能となります。570 Mpps以上のスループットを実現するほか、IPマルチキャスト機能を実装しており、VoIP、ビデオコラボレーションなどといったリアルタイム・トリプルプレイ・アプリケーションをサポートします。

 自社開発のオペレーティング・システム「AOS」(Alcatel Operating System)により、一段と高い可用性(スマート・コンティニュアス・スイッチング)とセキュリティ(ユーザ認証VLAN、他)、容易な管理性能を提供します。また、PoE(パワー・オーバー・イーサネット)をサポートしており、デスクトップでのギガビット・イーサネットに対するニーズが出てきた際には、本製品をネットワークのエッジ部分で利用することも可能です。


■提供モジュール

 ・6ポートの10GbEモジュール(XFP)
 ・2ポートの10GbEモジュール(XFP)
 ・24ポートのPoE付き10/100/1000 BASE-Tモジュール(RJ45)
 ・24ポートの10/100/1000 BASE-Tモジュール(RJ45)
 ・24ポートの1GbEモジュール(SFP)


■OmniSwitch 9000シリーズの特長

IPv6をサポート
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ワイヤスピードでのIPv6ルーティング機能をハードウェアでサポート。6-in-4トンネリングにより、IPv6へのスムーズな移行が可能。

99.999%のネットワーク稼働率を実現する高度な可用性
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アルカテル独自の完全分散型アーキテクチャ「スマート・コンティニュアス・スイッチング」により、99.999%のネットワーク稼働率を保証。単体の可用性を最大限に高めることで、連続運用性を損なうことなく管理機器を減らすことができ、導入コスト・運用コストを大幅に削減可能。
 ・完全冗長構成のシャーシサブシステムを採用
 ・ホットスワップ機能をサポート、稼働状態のままモジュールやサブコンポー
  ネントを交換可能
 ・負荷分散コンポーネントを実装
 ・アップグレード時や設定変更をした際も、直ちに元の状態に戻すことができ
  るイメージロールバック機能を搭載

マルチレイヤでの堅牢なセキュリティ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 個々のコンポーネント、内部および外部からのネットワーク資源へのアクセスを制御する多彩なセキュリティ機能をサポートしており、マルチレイヤでの堅牢なセキュリティを提供。
 ・ユーザ認証VLANにより、一貫したセキュリティポリシーの構築を支援
 ・「OmniVista 検疫マネージャ」により、ウィルスおよび不正にアクセスした
  ユーザがネットワークに障害をもたらす前にこれらを特定、隔離し、ネット
  ワークを自動的に自己回復する。
 ・ACL(アクセスコントロールリスト)に基づくアクセス制御機能を搭載

容易な管理性能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ネットワーク機器の状態管理、ネットワークの状態管理、ポリシーベース管理、エレメント管理、VLAN管理、スイッチアクセスの集中管理、検疫機能などを、統合ネットワーク管理アプリケーション「OmniVista」で一括管理可能。


  ……………………………………………………………………
               お問い合わせ先:
             日本アルカテル株式会社
         TEL:03-5715-6300 FAX: 03-5715-6333
            E-mail:info@alcatel.co.jp
  ……………………………………………………………………

用語解説

<アルカテルについて>
 アルカテル(ALCATEL)は、フランスを本拠とする世界屈指の電気通信システム・装置メーカーで、通信事業者やサービスプロバイダ、一般企業に対し、音声、データ、ビデオ・アプリケーションなどへの通信ソリューションを世界規模で提供しています。固定および移動体通信向けブロードバンドネットワーク、アプリケーション、サービスの分野において主導的な地位を占め、ユーザ視点の“ブロードバンドワールド”の創造に寄与しています。
 世界130ヶ国以上でビジネスを展開し、連結総売上高は122億6,500万ユーロ(約1兆6,500億円)(2004年度)。URL: (リンク »)

<日本アルカテル株式会社>
 日本では1987年より事業を展開、アルカテルの各事業部門の統合的なサービスを提供しています。
所在地:〒108-6027 東京都港区港南2-15-1品川インターシティー A棟27F/
代表取締役社長:西山直人/創業:1961年12月、設立:1987年5月/
資本金:4億6,400万円/従業員数:80名/URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本アルカテル株式会社の関連情報

日本アルカテル株式会社

日本アルカテル株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR