披露宴の招待状、席次表などのウェディングペーパーアイテム印刷ソフト『ブライダル』を3月17日より発売開始

株式会社パラボリカ 2006年03月16日

【概要】
株式会社パラボリカ(代表取締役社長 伊賀一泰 札幌市白石区)は、Windows2000/XPで動作するウェディングペーパーアイテム印刷ソフト『ブライダル』(以下、本製品)を、全国の家電量販店などで3月17日に発売いたします。
本製品は、披露宴の招待状、席次表からお礼状や新居の案内など、婚礼に必要なペーパーアイテムを簡単に作成、印刷するソフトです。

【本製品の特長】
■招待状から新居の案内まで。ウェディングペーパーアイテム作りはおまかせ

最近では、招待状、式次第、プロフィール、席次表などのウェディングペーパーアイテムをパソコンで手作りする人が増えています。「ブライダル」は、これらウェディングペーパーアイテム作成を手軽に簡単に出来るように開発されました。
「ブライダル」で作れるアイテムはこれだけあります。

招待状/受付用来客一覧表/式次第/席次表/名札/テーブル席札/プロフィール/献立メニュー/発起人挨拶/二次会案内状/お礼状/引越し案内状

招待状から、新居の案内まで、すべて「ブライダル」におまかせください。
もちろん、年賀状の作成なども出来ますので、結婚式後も末永くご利用頂けます。

■出欠、テーブル、席順まで管理できる住所録データベース搭載

「ブライダル」には、招待状などの宛名を管理するための住所録データベースを搭載しています。
しかし、この住所録はこれだけのためにあるのではありません。
出欠、テーブル、席順といった、まさにウェディングペーパーアイテムのための項目もカバー。
しかも、席次表を作る際には、住所録データベースのテーブル情報を参照し、自動的にレイアウトします。

もちろん、住所録は他の宛名ソフトなどの住所録を読み込むことが出来ますので、既に年賀状ソフトなどの住所録がある場合には、住所録を入力する手間も省けます。
「ブライダル」が読み込める形式は、CSV、Sylk、Tab区切りテキストの3種類ですので、これらのうち、どれかを出力可能なほとんどの宛名ソフトの住所録を読み込むことができます。

■挙式準備で多忙なお二人の味方。即戦力テンプレート&イラストが勢ぞろい

「ブライダル」は、もちろん簡単操作。住所録を登録したら、あとは豊富なデザインテンプレート(見本)を選んで印刷するだけ!「ブライダル」に予め収録されている各アイテムのテンプレートは、どれをとっても名前や住所、写真画像を変更するだけでそのまま使えてしまいます。
挙式準備で何かと多忙なお二人の貴重な時間を節約する事ができます。

収録されているイラストは、もちろん即戦力のものを用意しました。
ほとんどが、背景が透明なpngデータなので様々な場面で使用することができます。


製品名:ブライダル
開発/販売:株式会社パラボリカ
提供メディア:CD-ROM(1枚)
発売日:2006年3月17日(金)
価格:5,880(税込)
JANコード:4560206360132

(C)2006 PaRaboLiCa,Inc. All rights reserved.

【動作環境】
・OS: Microsoft Windows2000(SP4)/XP(Home/Pro.SP1以上)
・メモリ: 128MB以上(256MB以上を推奨)
・グラフィック: 24bitカラー以上(32bitカラーを強く推奨)
・HDD空き容量: 600MB程度以上必要
・インストール時にCD-ROMドライブが必要
・印刷にはプリンターが別途必要

【関連Webサイト】
・パラボリカホームページ
(リンク »)

・本製品の詳細情報ページ
(リンク »)

・パラボリカオンラインショップ『PaRaboLiCa On-Line』
(リンク »)

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社パラボリカ
広報担当:斉藤
E-mail: press@parabolica.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パラボリカの関連情報

株式会社パラボリカ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?