アンラボ、中小企業向けウイルス対策/情報漏洩対策の統合管理アプライアンス・サーバ 「アンラボ ポリシーセンターBOX」を発売開始

ウィニー/ウィニーウイルス対策ソフト「アンラボ ウィニーシールド」も標準添付

株式会社アンラボ 2006年03月23日

ウイルス対策ソフト「V3 ウイルスブロック」などを開発・販売する株式会社アンラボ(本社:東京都千代田区外神田、代表取締役社長:李 鳳基)は、自社開発のウイルス/スパイウェア対策製品・情報漏洩対策製品を統合管理するアプライアンス・サーバ「アンラボ ポリシーセンターBOX」を3月23日から販売開始致します。価格はオープンです。

システム管理者がご不在、もしくはご多忙な中堅中小企業様のために、ヒアリングシートに基づき事前設定した上で出荷致しますので、設置するだけでウイルス対策の自動管理や、IT資産管理/情報漏洩対策/リモート操作など多くの機能をお使い頂けます。同日公開した「ウィニー/ウィニーウイルス」対策セキュリティ・ソフトの「アンラボ ウィニーシールド」も標準添付致します。

ご希望の法人様にはソフトウェア/ハードウェアの期間限定評価版を、全国販売代理店を通じてお貸し出しする予定です。

「アンラボ ポリシーセンターBOX」は、以下のソフトウェアが(ヒアリングシートに基づき)インストール設定された上で出荷されます。

●アンラボ ポリシーセンター・・・一括集中管理ソフト。アンラボのセキュリティ対策商品のクライアントPCへの自動インストールやアップデート、緊急時のネットワーク遮断などをポリシー設定で自動管理。その他、IT資産管理/ファイル・プログラム一斉配布/ログ解析・レポート/リモート操作などの機能を搭載。

(↓以下の製品は、ポリシーセンターBOXより各クライアントPCへプッシュインストールされます)

●アンラボ V3 ウイルスブロック(クライアント用/サーバ用)・・・ウイルス対策ソフト。アンラボ独自技術により、PCの負荷を最小限に抑えたスキャン/アップデートが可能。バックグラウンド動作時でも、ワードやエクセルなどをストレスなくご利用可能。

●アンラボ パーソナルファイアウォール・・・ファイアウォールソフト。ネットワーク侵入検知・遮断機能(IPS)やトロイの木馬遮断機能で、外部からの不正アクセスを防ぐ。メールやWeb、メッセンジャーの送信文字列をフィルタリングして情報漏洩を抑止する機能も搭載。

●アンラボ スパイゼロ(オプション)・・・スパイウェア駆除ソフト。スパイウェアの侵入・活動を未然に抑止。

●アンラボ データブロック(オプション)・・・情報漏洩対策ソフト。データ暗号化/完全消去、記憶媒体の書き込み/読み込み制限、プリントアウト制御などの機能を搭載。

●「アンラボ ポリシーセンターBOX」紹介Webサイト
(リンク »)

● アンラボ プレスリリースページ
(リンク »)

●(報道関係者様向け)「アンラボ ポリシーセンターBOX」本体画像URL
(リンク »)

【報道関係のお問合せ先】
株式会社 アンラボ
広報室 河下、城田
TEL: 03-5209-8610(代表)
E-mail: press@ahnlab.co.jp

【弊社販売商品に関するお問合せ先】
株式会社 アンラボ
カスタマーセンター
TEL: 03-5209-8601(代表)
E-mail: sales@ahnlab.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

「アンラボ ポリシーセンターBOX」本体

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR