アンラボとインターチャネル、ウィニー対策やフィッシング対策も可能な個人/SOHO向け統合セキュリティ対策製品を発売

「ウィニー」「Share」が起動していない状態でも検出可能な初の市販製品

株式会社アンラボ 2006年06月01日

(株式会社インターチャネルからも同製品についてのプレスリリースを同時刻に発表致しております)

株式会社アンラボと株式会社インターチャネルは、個人/SOHO向け統合セキュリティ対策の新製品「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007」「AhnLab スパイゼロ 2007」のパッケージ販売を2006年6月23日から、オンラインでのダウンロード販売を6月2日から開始致します。

統合型パッケージの「AhnLab V3ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ」は、64ビットWindows(Windows XP Pro x64 Edition)OSに対応。ウイルス対策、スパイウェア対策、フィッシング対策、ハッキング対策(ファイアウォール)、個人情報保護機能、メール対策などの項目に分かれ、バックアップやパスワード管理機能からスパム対策や無線LANセキュリティ機能まで、必要な機能を一通り網羅しながらもシンプルな操作性を実現しております。

さらに、従来からのアンラボ製品の特徴である、ファイル感染の特徴が現れやすい部位を優先して検査する「特定位置判別法」により、CPU負荷を最小限に抑えながら高速スキャンが可能です。Windows 98/Pentium II 266MHz/メモリ 128MBのマシンでも動作致します。

また、P2Pソフト「ウィニー」(Winny)・「Share」の検出削除機能も6月9日(※1)の定義ファイル更新で自動対応が予定されており、プログラム名が変更されていたり、ウィニー本体プログラムが起動していない場合でも検出が可能です。(3月より提供中のフリーソフトウェア「アンラボ ウィニーワクチン」の検出機能と同等です)

「ウィニー」「Share」が起動していない状態でもファイルスキャンにより検出削除が可能な市販製品は、アンラボ製品が初めてとなります。


上記ソフト(プラチナ)からスパイウェア対策部分のみを切り出し、2つに分離させた「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007」と「AhnLab スパイゼロ 2007」も同時発売致します。

6月1日よりパッケージ版の先行予約をインターチャネルのWebサイトにて開始いたします。またダウンロード販売については、BIGLOBE SOFTPLAZAおよび株式会社ベクターにて6月2日より開始いたします。


※1:6月9日より、「AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ」と「AhnLab スパイゼロ 2007」、前バージョンの「スパイゼロ 2006」において同機能が利用可能となる予定です。前バージョンまでの「AhnLab V3 ウイルスブロック シリーズ」や、(プラチナ版ではない)「ウイルスブロック 2007」においては、今回同機能は搭載されません。


<アンラボ クライアントソリューション室からのコメント>

今、日本で求められているのは、複雑で分かりづらい各種セキュリティを確実かつ簡単に対応してくれることと、日本で独自に発生したセキュリティ上の脅威に対しても、迅速に対応してくれることの2つであるかと思います。今回アンラボは、統合型製品を一層機能強化すると同時に操作画面を統合し、よりシンプルに操作できるよう配慮致しました。また、ウィニーやShareを通じて拡散するウイルスの対策ツールをいち早く無償提供するなど、日本国内で発生するウイルスやスパイウェアにも迅速に対応しております。今後も皆様に安心してお使い頂けるよう、万全の体制でサポートさせて頂く所存でございます。

<本プレスリリース文のURL>
(リンク »)

<価格>

AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ(パッケージ版): 6,980円(税込)
AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007(パッケージ版): 2,980円(税込)
AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 2ユーザパック(パッケージ版): 4,980円(税込)
AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 5ユーザパック(パッケージ版):12,000円(税込)
AhnLab スパイゼロ 2007(パッケージ版):4,980円(税込)


<製品の各機能の詳細情報URL>

AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ
  (リンク »)
AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007
  (リンク »)
AhnLab スパイゼロ 2007
  (リンク »)

<報道関係者様向けパッケージ画像・画面ショットURL>

●パッケージ画像
・AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007 プラチナ
(JPEG形式): (リンク »)
(Photoshop形式): (リンク »)
・AhnLab V3 ウイルスブロック インターネットセキュリティ 2007
(JPEG形式): (リンク »)
(Photoshop形式): (リンク »)
・AhnLab スパイゼロ 2007
(JPEG形式): (リンク »)
(Photoshop形式): (リンク »)

●画面ショット
1.セキュリティレベル設定画面
   (リンク »)
   (リンク »)
2.ホーム画面
   (リンク »)
   (リンク »)
3.スキャン画面
   (リンク »)
   (リンク »)
4.ウイルス対策メイン画面
   (リンク »)
   (リンク »)
5.スパイウェア対策メイン画面
   (リンク »)
   (リンク »)
6.ハッキング対策メイン画面
   (リンク »)
   (リンク »)
7.個人情報保護メイン画面
   (リンク »)
   (リンク »)
8.メール対策
   (リンク »)
   (リンク »)

<パッケージ先行予約サイト>

株式会社インターチャネル
  (リンク »)

<ダウンロード販売サイト>

BIGLOBE SOFTPLAZA
  (リンク »)
株式会社ベクター
  (リンク »)

<関連URL>

株式会社アンラボ
  (リンク »)
株式会社インターチャネル
  (リンク »)

【報道関係のお問合せ先】
株式会社 アンラボ
広報マーケティング室 河下、城田
TEL: 03-5209-8610(代表)
E-mail: press@ahnlab.co.jp

株式会社インターチャネル
広報担当:平野 友見
TEL:03-5440-0734 FAX:03-5440-0735
E-mail:t-hirano@interchannel.co.jp

【弊社販売商品に関するお問合せ先】
株式会社 アンラボ
(個人向け販売商品)TEL: 03-5209-8601(代表)
(法人向け販売商品)TEL: 03-5209-8610(代表)
E-mail:sales@ahnlab.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!