編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アンラボ、携帯電話専用セキュリティソリューションを海外へ初輸出

吉澤亨史

2008-04-03 21:28

 韓国に本社を持つアンラボは4月3日、台湾のパイロン社にアンラボ独自のセキュリティ製品である「アンラボモバイルセキュリティ」のOEM契約を締結したと発表した。携帯電話用セキュリティソリューションとしては韓国初の海外輸出となる。

 この提携により、パイロン社のモバイルセキュリティソリューションである「ディフェンドポイント モバイルセキュリティ」に「アンラボ モバイルセキュリティ」が搭載された。パイロン社は本製品をマイクロSDカードに搭載し、携帯電話ベンダーおよび多数の海外移動通信企業に提供する予定。ユーザーは、マイクロSDカードを携帯電話に挿入することで、モバイルウイルスのスキャン・駆除およびリアルタイムスキャンを利用でき、携帯電話を安心して使用できる。

 「アンラボ モバイルセキュリティ」は、SymbianおよびWindows MobileのOSを対象としたセキュリティ対策製品。ウイルス、トロイの木馬など悪性コードの手動スキャン、V3エンジンのアップデート、リアルタイムスキャン、スキャンログ管理、ウイルス申告機能などの機能を搭載している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]