編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

偽セキュリティ対策ソフトの押し売りをするウイルスに注意--アンラボ

吉澤亨史

2009-08-13 11:08

 アンラボは8月11日、偽セキュリティ対策ソフトの押し売りをするウイルス「Home AntiVirus 2010」への注意喚起を発表した。同様の動作を行う従来の「antivirus2009」「System Security 2010」シリーズとは、ユーザーの不安感をあおるパターン画面が変更され、Windowsのシステムファイルntfs.sysを改ざんして悪性コードのインストールに利用する点で異なっている。

 このウイルスは感染したPCにおいて、偽の悪性コード診断を実行してウイルスが検出されたと表示する。駆除するために「Remove」や偽の警告ポップアップウィンドウをクリックすると、購入ページに移動して決済するよう求める。

 アンラボでは、この種のウイルスへの対策として、サイト訪問時に警告ウインドウが表示された場合、信頼できる機関の署名がないものはボタンをクリックせずにウインドウを閉じること、決済画面が表示されても信頼できる会社のものかどうか、サイトが実在するかどうかなどを確認することを推奨している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]