SOHOや中小企業のビジネス用途にも最適 カラー液晶モニタ搭載、コンパクトサイズで 1台4役のインクジェット複合機X8350を新発売

-PictBridge、メモリーカード、USBフラッシュメモリにも対応-

レックスマークインターナショナル株式会社 2006年04月27日

プリンタのグローバルブランド、レックスマーク インターナショナル(会長兼CEO:ポール J. カーランダー、本社:米国ケンタッキー州)の日本法人レックスマーク インターナショナル株式会社(代表取締役社長:木下 聡、本社:東京都中央区)は、プリント、コピー、スキャン、ファクス機能を搭載したフォト対応のインクジェット複合機「Lexmark X8350 オールインワン・ステーション」(以下、X8350)を本日4月28日より発売します。

「X8350」は、レックスマークの製品コンセプトである“Uncomplicate(複雑さからの解放)”を更に進化させ、SOHOや中小企業のビジネス用途にも最適な、プリント、コピー、スキャン、ファクスを搭載したスタンドアロン型オールインワン・ステーションです。本体前面からの給排紙システムを採用し、従来機に比べ容積比で約32%小型化に成功。カラー液晶モニタと操作ボタンを前面に集約し、利便性、操作性も重視したスマートなデザインにまとめました。PictBridge(以下、ピクトブリッジ)、メモリーカード、USBフラッシュメモリにも対応しているので、各種メディアから取り込んだ画像データをモニタ画面上で編集し、パソコンなしでダイレクトプリント。文書印刷だけでなく写真印刷の利便性も向上させています。印刷速度もモノクロ25ppm、カラー19ppmと従来機種から向上、より快適なプリント環境を提供します。さらに、同梱のイメージングソフトウェア「ビジネスセンター」によって、画像や文書の編集、管理も更に簡単になりました。


●Lexmark X8350 オールインワン・ステーション
 オープン価格 2006年4月28日発売予定


■ 『X8350』の主な特長
1. カラー液晶モニタを搭載し、パソコンなしでの各種操作がより簡単に
・ 大型2.4インチフルカラー液晶モニタで画像を簡単に確認および編集
・ トリミング、回転、色調整、赤目補正などの様々な画像編集に対応
・ セピアやアンティーク・グレーの写真加工が可能に

2. ピクトブリッジ、各種メモリーカード、およびUSBフラッシュメモリに対応
・ デジタルカメラなどで撮影した画像データの処理が素早く簡単に
・ 対応メモリー: コンパクトフラッシュTypeI、Ⅱ/マイクロドライブ/マルチメディアカード/SDカード/Mini SD(要アダプタ)/メモリースティック/メモリースティックDuo(要アダプタ)/メモリースティックPro/メモリースティックProDuo(要アダプタ)/xDピクチャーカード/スマートメディア

3. 多機能ながらもコンパクトなボディを実現(W448xD379xH254mm)

4. 双方向による高速印刷
・ モノクロ25ppm、カラー19ppm

5. L判からA4までのさまざまな用紙で、4辺フチなし印刷が可能

6. カラーインクとオプションのフォトインクの組み合わせで6色印刷対応
・ カラーインクカートリッジ(#35:シアン、マゼンタ、イエロー)とブラックインクカートリッジ(#34)を標準同梱

7. ワンタッチ/スタンドアロンコピー機能で、コピー専用機に匹敵する品質と使いやすさを実現

8. 4,800×1,200dpiの印刷解像度、1,200×2,400dpiの光学解像度を実現
・ スキャナ部にはCCDセンサー並みのスキャン深度を持ちながら、立ち上がり時間の短いCISセンサーを搭載

9. 優れたデザインとユーザの使い勝手を向上する高い操作性
・ ビジネスユースを意識し、高級感、重量感のあるボディカラーを採用
・ ユーザの目線の高さを考慮し、液晶モニタ、パネルボタン、用紙トレイを前面に配置
・ どの角度でも静止するスキャナカバーや、キックスタンドをなくして容易なカートリッジ交換を可能にするなど、細部までユーザの使い勝手を配慮したデザイン

10. ビジネスユーザのデスクワークを支援する同梱アプリケーションソフト
・ 使用頻度が高い機能へのアクセスを容易にするソフトウェア「ビジネスセンター」

■ 新製品の画像データ
※「X8350」の画像データは以下のURLよりダウンロードしていただけます。
(リンク »)


レックスマークについて
Lexmark International, Inc. (NYSE:LXK) は、ビジネスや家庭において、デジタルと紙の世界を情報が簡単に行き来できるよう、掛け橋となってきました。1991年の創設以来、プリンタおよび消耗品の開発・製造・販売、ならびに、そのトータル・ソリューション&サービスを提供し、現在、販売実績は世界150ヶ国以上におよびます。2005年の総売上は約52億ドル [2006年1月26日現在] です。弊社および製品についての詳細は、 (リンク ») をご覧ください。

◆ 本件に関するお問い合わせ先 ◆
株式会社プラップ ジャパン コミュニケーションサービス本部第4部
レックスマーク広報担当 小島 加奈子/小倉 明彦
TEL:03-3486-6222 FAX:03-3486-7531
Email:k-kojima@prap.co.jp/a-ogura@prap.co.jp

または

レックスマーク インターナショナル株式会社
マーケティング部 渡邉 慎司
TEL:03-5649-0222(代表) FAX:03-5649-0230
Email:jpress@lexmark.com
*****************************************
LexmarkおよびLexmarkロゴマークは、Lexmark International, Inc.の米国またはその他の国における商標です。その他の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

レックスマークインターナショナル株式会社の関連情報

レックスマークインターナショナル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!