Debian Project 、OSDLのCGL機能仕様を採用

Debianの"sarge"リリースが、キャリアグレードLinuxプラットフォームとして登録

Open Source Development Labs 2006年06月06日

エンタープライズ・コンピューティングにおいてLinuxの採用加速に取り組むグローバルコンソーシアムである米オープン・ソース・デベロップメント・ラボ(Open Source Development Labs、以下 OSDL)は、Debian GNU/Linuxディストリビューションが、HP社の支援により、OSDLのCGL(キャリアグレードLinux) 2.0.2の機能仕様に準拠し、登録完了したことを発表しました。

Debianは、主要なLinuxディストリビューションの1つです。DebianがCGL準拠のLinuxディストリビューションとして登録されたことにより、1,000名以上の開発者と、何万人というエンドユーザがCGLコミュニティに新しく参加することになります。さらに、このDebianの登録は通信プロバイダに、最強のLinuxコミュニティの1つが支援する完全にオープンなプラットフォームが提供されることになります。

OSDLのSenior Technology AnalystであるBill Weinbergは次のようにコメントしています。
「DebianベースのCGLプラットフォームは、自前でうまく作るCGLソリューションと、商用で利用可能なオプションとの理想的なバランスを実現します。OSDLは、DebianがCGL準拠ディストリビューションとして登録されたことを歓迎し、CGLの採用に強力かつポジティブなインパクトを与えるものと期待しています。Debian開発者の熱心な取り組みとHP社の多大な貢献のおかげで、通信機器ベンダは、非常に完成されたコミュニティベースのCGLディストリビューションを利用することができます。」

DebianのCGLへの登録は、最新リリースであるDebian GNU/Linux 3.1(コードネーム sarge)を補完するものです。このsargeリリースは、いくつかのセキュリティアップデートを含み、Linuxカーネル2.6.8を採用しています。今回のDebianのCGL実装は、あらゆる主要な要求やロードマップ主要要件などを満たしCGL完全準拠を謳う通信業界向けにカスタム化したtelco-Debianディストリビューションへの最初のステップです。

DebianプロジェクトリーダであるAnthony Towns氏は次のようにコメントしています。
「CGLへの登録は、通信基盤におけるLinuxをDebianがサポートする重要なマイルストーンとなります。
OSDLのCGL仕様定義の会議における私たちの業界パートナの協力により、通信業界において、ますます増大するLinuxシステムに対する市場ニーズをさらに実現していくことを楽しみにしています。」

HPのOpen Source and Linux Organization, Research and Development担当DirectorであるSteve Geary氏は次のようにコメントしています。
「この数年間の間、通信基盤の提供において必要不可欠な要素であるということで、完全にサポートされたLinuxソリューションを提供するDebianをHPは使用してきました。
自社のユーザシステムの導入にDebianを使うことはHPの戦略的な決定でしたが、これからは、これらの主要なソリューションは、OSDLのCGLの提供で、より多くのユーザが利用可能になり、今日のグローバルな通信ネットワークにおいて自信を持って提供できるものとしてなるでしょう。」

HPは、現行のDebian sargeを登録したり、debian-CGLサブプロジェクトを創設するなどして、Debian開発コミュニティにおいてCGLの取り組みを主導しています。HPは、CGLおよび関連の活動を重視しており、非常に多くのDebian開発者を雇用しています。

Venture Development Corporation社 (VDC)によれば、通信基盤におけるLinuxの採用は増加しつつあります。以前より多くの通信プロバイダが、コスト削減や、スケーラビリティと信頼性向上のために、Linuxや他のオープンソースソリューションを利用する利点を求めるようになってきています。
VDCによれば、2010年までに世界の音声・データ通信機器アプリケーションの30%でLinuxが稼働するようになるだろうと予想されています。

用語解説

■Debianについて
Debian Projectは、完全にフリーなOSであるDebian GNU/Linuxを開発するために、時間と労力をボランティアで提供している世界中の1,000名以上のフリーソフトウェア開発者が参加する組織です。Debianのフリーソフトウェアへの貢献、非営利性、オープン開発モデルが、Debianを比類ないものにしています。

■OSDLについて
(リンク ») (英語)
(リンク ») (日本語)
OSDL(Open Source Development Labs)は、Linux開発者であるLinus Torvaldsが所属しており、Linuxの成長とエンタープライズでのLinux採用を促進することを目的としています。2000年にCA、富士通、日立、HP、IBM、インテルならびにNECにより設立され、LinuxユーザならびにIT業界のリーダー企業から成るグローバルなコンソーシアムにサポートされたNPO(非営利団体)です。OSDLは、通信、エンタープライズデータセンタおよび企業のデスクトップなどで利用されるLinuxに関する業界全体にわたる取り組みを支援しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

Open Source Development Labsの関連情報

Open Source Development Labs

Open Source Development Labsの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR