NTTコムウェアの「L-Box」と大日本住友製薬の解析機能付き多機能モニタ心電計「レーダーサーク」が連携し、「モバイル・テレメディシン・システム」を実現

~救急車移動時や災害対応など、遠隔医療分野に貢献~

NTTコムウェア株式会社 2006年07月11日

NTTコムウェア株式会社(以下、NTTコムウェア、本社:東京都港区、代表取締役社長:今井 郁次)の超小型Linuxサーバ「L-Box」が、大日本住友製薬株式会社(以下、大日本住友製薬、本社:大阪市、代表取締役社長:宮武 健次郎)の解析機能付き多機能心電計「レーダーサーク」の伝送装置として採用され、大日本住友製薬と「L-Box」の販売代理店契約を締結いたしました。大日本住友製薬では本年8月末に「L-Box」の販売を開始する予定です。

【販売代理店契約締結の背景】
 大日本住友製薬は、救急救命、循環器内科など、迅速な心機能評価が求められる医療分野への貢献を目指しており、解析機能付き多機能心電計「レーダーサーク」を販売しています。大日本住友製薬は、NTTコムウェアの「モバイル・テレメディシン」に対する取り組みや実効性を評価し、「レーダーサーク」の伝送装置として使用することを検討していました。「レーダーサーク」は、これまで困難であった突発的な衝撃・振動に強く、救急車が移動中でも測定でき、「L-Box」と組み合わせることで、救急車から患者のデータをリアルタイムに病院に送信でき、遠隔救急救命医療に貢献できると考えています。

【NTTコムウェアの「モバイル・テレメディシン・システム」への取り組み】
 NTTコムウェアは、2002年7月に「産」・「官」・「学」により発足された「循環器救急におけるモバイル・テレメディシン研究会」に参画しています。国立循環器病センターや複数の医療機器メーカーと共同で実証実験を行い、2004年には救急車から患者のデータをリアルタイムに病院に送信し、的確な早期診断と適切な搬送先病院決定により救命率向上を実現する「モバイル・テレメディシン・システム」の実効性を確認しています。
 さらに、2005年7月には、総務省・近畿総合通信局の主催する「無線LANを利用した高速IPハンドオーバ技術」の研究に参画し、無線LAN環境下で、救急車走行中における高精細な動画像送受信技術を確立しています。
 心筋梗塞や不整脈などの患者を救急車で病院に搬送する際に、救急車内の患者状態や映像、心電計のデータを病院へ確実に送信することで、専門医から救急車内の救急救命士へ的確な指示を行うことができ、受入病院側での事前準備など、早急な対応が可能となる手段として注目されています。

【今後の展開】
 NTTコムウェアでは、これまで実施してきた「循環器救急におけるモバイル・テレメディシン研究会」での成果と実績をもとに、「L-Box」の汎用性を活かし、遠隔医療・被災地医療などの各種医療機器との連携を目指します。大日本住友製薬との販売代理店契約の締結をはじめ、今後は医療分野へ貢献します。

【L-Boxの概要】
 「L-Box」はLinuxベースのマイクロ・サーバです。大きさ119mm×68mm×98mm、重さ267gと小型・軽量ながらEthernet、RS-232C、PCMCIAカード、CompactFlashカードなど有線・無線でのネットワーク接続を実現する多くのインターフェース端子を備えています。OSにはオープンソースのLinuxを採用。利用者自身で周辺環境にあわせたOSの拡張やアプリケーションソフト開発が可能です。単体でもファイアウォールを備えたブロードバンドルータやプログラム制御可能な各種ネットワーク装置として利用可能です。また低消費電力設計で発熱量を抑え、安心して常時利用できます。

【レーダーサークの概要】
 大日本住友製薬が開発した心電計で、これまで困難であった突発的な衝撃・振動や胎動の影響を受けやすい劣悪環境下での心電図を高精度に解析する多機能モニタ心電計(ダイナミックモニタライザー)です。従来の心電計に比べ飛躍的に解析性能を向上している装置で、軽量化により容易な持ち運びが可能です。

【お知らせ】
 2006年7月12日(水)から7月14日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2006」のNTTグループブースで「モバイル・テレメディシン・システム」をご覧いただけます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR