ランコープ社のユーザーIDトラッキングが可能なStealthWatch ID-1000とStealthWatchシステム5.5の出荷を開始

業界初のネットワーク運用とセキュリティ機能を統合するフローベースのネットワーク行動解析ソリューション

物産ネットワークス株式会社 2006年09月20日

物産ネットワークス株式会社(東京港区、代表取締役社長:木内 一貴、以下物産ネットワークス)は本日、同社が国内総代理店を務めるNetwork Behavior Analysis and Response System(NBA:ネットワークの行動解析と脅威の防御技術)のリーディングカンパニー、米ランコープ社のStealthWatch System5.5とStealthWatch ID-1000の出荷を開始しました。

StealthWatch System5.5は、ルーターやスイッチのモニタリングとレポート機能、ユーザーID追跡機能、Point-Of-ViewTMテクノロジを拡張したシステムアップグレード、StealthWatch ID-1000は、業界初のネットワークトラフィックとホストの振る舞いをユーザーIDに直接関連付けることが可能なアプライアンス製品です。 ネットワーク運用とネットワークセキュリティを統一する業界初のフローベースのソリューションStealthWatchシリーズは、費用対効果に優れたネットワークのエンド・ツー・エンドの可視化を提供することで、 日々発生するネットワーク運用管理の簡略化と最適化、セキュリティプロセスを能率化して、ネットワーク運用管理に割かれる時間とリソースを削減、統一性のないポイントソリューションがもたらす不要な費用と複雑さを解消します。 StealthWatch System5.5は、ネットワーク設計・運用管理者、セキュリティ管理者およびIT管理者にとってネットワーク保全と最適化のために必要なフローベースの行動異常検出、ネットワークキャパシティプランニング、トラフィックフロー解析など、全て提供することが可能です。

StealthWatch IDentity-1000は、実際のユーザーのIDトラッキング(追跡)機能を自動化し、ネットワークイベントと関連付け、『隔離』と『補正』を能率化して、内部統制や規正法の遵守のために強力な監査機能を提供します。

最新のStealthWatch Systemには以下のような特徴が在ります。

あらゆるネットワークイベントや疑わしいホストの行動を「1クリック」でユーザーIDを追跡可能
特定ユーザーや異常な利用を行うユーザーセッションをユーザーIDで自動的に認識し、『隔離』や『補正』迅速に実行
新たなサービスやクライアントエージェントを必要とせず、拡張性に富むアプライアンスベースで高い費用対効果を実現
IDストア技術のマーケットリーダー、8社以上を標準サポート
StealthWatchネットワークトラフィックとセキュリティ解析の統合
ユーザートラッキングはsFlowとNetFlowが実装されたネットワークインフラを活用
「ランコープ社は、StealthWatch IDentity-1000アプライアンスを提供することによって、NBAマーケットリーダーとしての地位を確固たるものにします。 StealthWatch Systemは、ネットワーク運用管理とセキュリティ管理を統合、最適化するために費用効率の高いソリューションを企業に提供し続けると、NBAソリューションの市場調査に実績あるガートナー社からも承認されています。」 「また、StealthWatch System5.5はネットワーク設計・運用管理者、セキュリティ管理者およびIT管理者がネットワークの健全性向上と最適化のために必要となるフローベースの行動異常検出、ネットワークのキャパシティプランニング、トラフィックフロー解析を可能にします。かつて、ネットワークとセキュリティ機能は単一の運用システムの中でこれほど見事に調和されたことはありませんでした。」 と、ランコープ社社長兼CEOのHarland LaVigneは述べています。

ネットワークの運用管理とセキュリティ管理者に、詳細且つ豊富な情報を提供するために、StealthWatch System5.5は以下の幾つかの新しい機能と特徴を提供します。




ルーター、スイッチのモニタリングとレポートティング機能


StealthWatch Version 5.5は、ネットワーク管理者が必要とする、ネットワークパフォーマンスと最適化されたレポーティング機能を提供します。シスコシステムズ、ファウンドリーネットワークス、エクストリームネットワークス、ジュニパーネットワークス、HPなどのルーターやスイッチで利用可能なNetFlowやsFlowの機能を用いることで、StealthWatchは、トラフィックレポートティングやネットワークの最適化表示を可能となり、これらと関連付けされた異常なトラフィックフローを統合解析結果として提供します。これまで提供されることのなかった、ひとつの管理システム下で緻密にかみ合ったネットワークとセキュリティ機能を提供します。

ユーザーIDの追跡機能


ランコープの最新StealthWatchシリーズであるIDentity-1000は、実ユーザーの行動解析(ネットワークのフローデータやアラーム、アラート、これらに直接影響を与えるホストの行動など)をStealthWatchシステムに提供する、アプライアンスベースのソリューションです。この新しいアプライアンス製品は、ID記憶技術のマーケットリーダー、8社以上の技術を標準装備しています。ユーザーIDの追跡機能は、ユーザーがネットワークにログイン・ログアウトした時のイベントと時間を関連付けすることで、DHCPやVPNを利用した、様々な困難な環境でも利用いただけます。

マウスをクリックするだけで、StealthWatchのオペレーターは、どのユーザーがどのネットワークにいつログイン・ログアウトしたかをするに明確にすることが可能です。

Point-Of-ViewTM ユーザーインタフェース テクノロジ


StealthWatchの先進的な「Point-Of-ViewTM」ユーザーインタフェース技術は、ネットワーク管理者、セキュリティ管理者、IT管理者の全ての管理者に対して、StealthWatchが導入されたネットワークとセキュリティの価値をかつてないほどに向上させます。このロールベースな技術は、カスタマイズ可能な表示、オペレーションやセキュリティのレポーティング機能、トラフィックアカウンティング、スイッチやルーターのインタフェースの利用率、そしてホストとユーザーの行動解析結果を提供します。これらのカスタマイズされた表示は、中心となるIT管理者が必要とする特定のオペレーション、ネットワークのリアルタイムデータベース、そしてセキュリティの運用情報を提供します。

ランコープ社について


ランコープ社は、ジョージア州アトランタに本社を置く、ゼロ・ディ・アタック(未知の脅威)や内部ネットワークの不正利用と誤利用、その他ネットワークの異常を検知・防御するNetwork Behavior Analysis(NBA:ネットワークの行動分析と解析)技術のリーディングカンパニーです。ランコープ社のStealthWatchは、セキュリティとネットワーク管理技術を統合した製品で、既知の攻撃だけでなく、未知の攻撃や脅威も迅速に検知し、その結果の重要度や緊急度によって優先順位付けされた表示を行い、最も危険な脅威から優先的に隔離や緩和処置を行うことが出来ます。これにより、ネットワーク内に潜在する脅威やその拡散リスクを軽減し、ネットワークを最大限有効活用することが可能です。
CheckPoint Technology社のOPSEC、国際セキュリティプログラムに準拠しているStealthWatchは、InfoWarld 2005最優秀技術賞や、ネットワークコンピューティングマガジン2004年Well Connectedアワードを受賞しています。加えて、Infoworld、eWeek、CRNマガジンでも高い評価を受けています。学術研究機関や政府機関など、全世界で200を超えるユーザー、1500万のホスト、2000組織に対してネットワークの防御機能を提供しています。
ランコープ社は、「Foundry Networks社」「ArcSight社」「Micromuse社」「LURHQ社」「CheckPoint Technologies社」などと技術提携しています。
URL: (リンク »)

物産ネットワークス株式会社について


物産ネットワークスは、米国ファウンドリーネットワークス社製品の国内総販売代理を努めてきた三井物産から分離独立し、2001年2月に発足したネットワークソリューションの専門企業です。お客様に海外製品を安心してお使い頂けるよう、海外企業の日本におけるメーカーの立場として、日本市場にあったマーケティング、コンサルティング、ロジスティックス、技術支援、教育支援を提供しています。ファウンドリー製品で培った幅広い技術と経験を活かし、最先端のネットワークソリューションを提供して日本のIT社会に貢献するリーディングカンパニーを目指しています。
URL: (リンク »)

本リリースに関するお問い合わせ


物産ネットワークス株式会社 戦略セールス・マーケティング部

製品担当:菊地、橋本
広報担当:岩戸
TEL : 03-5157-7333
メールでのお問合せ
所在地:〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-22-12 SVAX TS ビルディング 2F

※ Lancope, Inc. およびStealthWatchは、米国Lancope, Inc.の登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

物産ネットワークス株式会社の関連情報

物産ネットワークス株式会社

物産ネットワークス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR