シーゲイト社、次世代DVRおよびデジタルエンタテインメント機器に最適化された750GBハードディスク・ドライブを出荷

大容量とパフォーマンスのカスタマイズ機能を備えたDB35シリーズ

日本シーゲイト株式会社 2006年10月05日

シーゲイト社は、DVR(デジタルビデオレコーダ)の次世代を担う最高容量を誇るDB35シリーズ・ハードディスク・ドライブをDVRおよびデジタル・エンタテインメント機器メーカーに出荷すると発表しました。業界をリードするシーゲイト社の垂直磁気記録方式に基づくDB35シリーズは、250、320、400、500、および750GBでお求めいただけます。

シーゲイト・テクノロジー(本社:米カリフォルニア州スコッツバレー、NYSE略号:STX、以下シーゲイト社)は、DVR(デジタルビデオレコーダ)の次世代を担う最高容量を誇るDB35シリーズ・ハードディスク・ドライブをDVRおよびデジタル・エンタテインメント機器メーカーに出荷すると発表しました。業界をリードするシーゲイト社の垂直磁気記録方式に基づくDB35シリーズは、250、320、400、500、および750GBでお求めいただけるようになり、DVRなどのデジタル・エンタテインメント・デリバリー・システムに最適なパフォーマンスを提供します。

デジタル・エンタテインメント市場は成長を続け、競争も激化していますが、シーゲイト社は急激に成長を続けるこの市場でハードディスク・ドライブ部門のリーダーとなる態勢を整えることができました。Kagan Researchによると、米国におけるケーブルおよび衛星放送とDVRの普及率は26%に達しています。 さらに、高解像度ビデオがまだ普及の初期段階にあり、今後成長を続けることが予想されるため、より大容量のDVRに対するニーズはさらに高まるとみられています。市場ではさらに、AOL、Apple、Yahoo、Microsoftなどの大手プロバイダーにより、インターネットをベースとしたオンラインのビデオ供給サービスが予想されています。また、電子通信会社はIPTV技術に集中しつつTV放送に参入してきました。こうしたことから、デジタル・エンタテインメント・コンテンツを対象とした信頼できる高容量ストレージの需要が続くことが確実視されています。お客様は、ハードディスク・ドライブにおいてエンタテインメント・コンテンツをキャプチャすることによって得られる使いやすさとかつてない満足感を次々に発見し、利用するようになっています。DVRの急速な普及とかつてない満足感は最高の例でしょう。Forrester ResearchではDVRユーザ588人の調査に基づき、「Forrester による7年間のお客様調査の結果、DVRのように強く、夢中な気持ちを生じさせる機器は見たことがなかった」と報告しています。

シーゲイト社のコンシューマエレクトロニクス担当シニア・バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーのBrodie Keastは、こう述べています。「シーゲイト社は、このように顧客満足度の高いレベルを実現する基礎となる技術を提供できることを光栄に感じています。デジタル・エンタテインメント・コンテンツへのアクセスは質・量ともに爆発的に増加しています。高解像度コンテンツの保存を可能にすることが、引き続き簡単かつ満足度の高いデジタル・エンタテインメント・システムを実現する上の中心となっていきます」

DB35シリーズハードディスク・ドライブ
最高750GBの容量を誇るDB35シリーズHDDは、最先端の技術とカスタマイズされた機能、そして業界をリードするワールドクラスの品質と確実な供給の組み合わせをDVRメーカーにお届けします。品質と信頼性への妥協なき注力と相まって、製品化時間と総合的なコストパフォーマンスの面で、DVRメーカーに傑出したパフォーマンスを提供します。さらに、もっとも幅広い容量のバリエーションにより、エントリーレベルからハイエンドのビデオシステムまで、DVRメーカーとシステム設計者のさまざまな要望を満たします。
エンタテインメントが大好きなお客様も、高解像度によるテレビ番組を1シーズンすべてを簡単に録画できます。映画、写真、音楽、およびホームビデオに対応した大容量により、ホームメディアセンターが現実のものになります。

DVRメーカーでは、ストレージを各社のシステムに適合させるためのカスタマイズが必要になります。DB35シリーズは、大容量ビデオの価値を再定義し、さらに厳しいDVR環境に合わせてメーカー側においてHDDのパフォーマンスを最適化することが可能です。シーゲイト社のDynaPlay技術が、ドライブの動作パラメータを最適化しすることで、パフォーマンスも最適化され、ドライブが順次ストリーミング用に調整されることで途切れのないデジタルメディアが実現します。さらに、ドライブセキュリティツールにより、メーカーの行う適切なデジタル権利管理技術の実装がサポートされ、デジタル番組の適正な使用の向上に役立ちます。さらに電源の最適化により、コストパフォーマンスの優れた電源を選択する上で、メーカーに大きな余裕が生まれます。これらの機能は、DVRの内部温度を制御下に置くことも援助するため、システムの信頼性が向上します。

■シーゲイト社について
シーゲイト社は、エンタプライズ、PC、ノートブック、およびコンシューマーエレクトロニクス(CE)製品向けにハードディスクドライブを設計、製造、販売する世界のトップ企業です。当社は世界中で急増する情報ストレージ需要を満たすため、定評ある製品、顧客サポートおよび信頼性の提供を理念としています。シーゲイト社は、世界各地で事業展開しているほか、 (リンク ») (英語)、 (リンク ») (日本語)でも情報提供しています。

シーゲイトおよびシーゲイト・テクノロジー、シーゲイトのロゴマークは、Seagate Technology LLCの登録商標です。DB35シリーズおよびDynaPlayは、Seagate Technology LLCの商標または登録商標です。その他のブランドおよび製品名は、各所有者の商標または登録商標です。ハードディスクに言及する時には、1ギガバイトおよびGBは10億バイト、1テラバイトおよびTBは1兆バイトをそれぞれ意味します。アクセス可能な容量はオペレーティング環境やフォーマットにより異なります。ここに記されているさまざまなアプリケーション向けの容量は参考を目的としたものです。実際の容量は、ファイルサイズやフォーマット、ソフトウェアの特長やアプリケーションにより異なります。

《本件に関するお問い合わせ先》
●日本シーゲイト株式会社
コーポレイトコミュニケーション 藤森 英明
Tel: 03-5462-2327
Fax: 03-5462-2978
E-mail: JapanPR@seagate.com

このプレスリリースの付帯情報

DB35シリーズ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本シーゲイト株式会社の関連情報

日本シーゲイト株式会社

日本シーゲイト株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR