「'07 HDD市場の実態と将来展望」の販売開始

情報通信新市場・展望シリーズ HDD及び応用市場の将来展望を追跡する

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2006年11月27日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'07 HDD市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成18年11月27日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
   「'07 HDD市場の実態と将来展望」の販売開始
  ~情報通信新市場・展望シリーズ
            HDD及び応用市場の将来展望を追跡する~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、情報通信関連機器・電子部品及び材料・エネルギー・環境についての調査業務を行う株式会社日本エコノミックセンター(代表取締役 石澤 宜之 東京都中央区)が発行する調査資料「'07 HDD市場の実態と将来展望」の販売を開始しました。

【詳細URL: (リンク ») 】


■■ 調査概要 ■■

日本エコノミックセンターの調査によれば、2006年度におけるHDDの世界出荷台数が、推定で前年度比23.5%増の4億3,720万台となる見込である。インチ別では、2.5インチ以下型が1億4,600万台(同34.3%増)、3.5インチ型は2億9,120万台(同16.1%増)となる見通し(弊社推定)で、特に2.5インチ以下HDDの市場拡大化が今後も予測される。
2.5インチ型は、国内においてはノートパソコン向けの需要比率が全世界と比較して高いこともあり、日立グローバルストレージテクノロジーズ(日立GST)、東芝、富士通の日系3社が市場の大半を占めていたが、シーゲイト(米国)、サムスン電子(韓国)などの海外勢の参入により、競争が激化している。携帯音楽プレーヤー向けなどに需要の拡大が予測される1.8インチ型は、東芝が世界市場シェアの首位を占めており、2007年度には富士通が参入する。1.0インチ以下型は、フラッシュメモリー(主にNAND型)との競合が指摘されているが、0.85インチ型を含め今後の容量増加に伴い、携帯電話向けなどに期待されている。3.5インチ型は、主にゲーム機やサーバー向けに搭載されているが、2.5インチ以下型の進出が拡大するとみられることから、需要は大幅な増加でなく、ゆるやかに上昇する見通しである。

HD基板については、ガラス製はノートパソコンやHDD搭載型カーナビ等に需要が拡大しており、メーカー各社は前年度に引き続き、増産計画を実施している。一方、アルミ製もHDD搭載型DVDレコーダー向けなどに用途が拡大しており、今後も安定した需要が見込まれている。

本資料はHDD及び関連市場の情報に基づき、弊社独自による長期予測のほか、生産、技術開発などを含めた主要各社の実態と今後の動向について、編纂したものである。本資料が、御社において事業展開の一助となれば幸いに存じます。


■■ 目次 ■■

第I章 HDD市場の現状と将来展望
 1.HDD市場の動向と展望
  (1)HDD市場規模と動向(2005~2008年度)
  (2)HDD出荷台数推移予測(2006~2014年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
 2.HDD市場規模推移予測(2006~2010年度)
  (1)1.0インチ型HDD出荷台数推移予測(2006~2014年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (2)1.8インチ型HDD出荷台数推移予測(2006~2014年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (3)2.5インチ型HDD出荷台数推移予測(2006~2014年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (4)3.5インチ型HDD出荷台数推移予測(2006~2014年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
    1)3.5インチ全体 2)ATA 3)SCSI
 3.インチ別HDD出荷台数推移予測(2006~2014年度)
  /シェア予測(2006~2010年度)
 4.メーカー別HDD出荷台数推移予測(06~12年度)
  (1)HDD全体 (2)1.0以下/1.8/2.5/3.5各インチ型
 5.主要HDDメーカーの動向と戦略
  (1)ウエスタンデジタル社(米国)
  (2)サムスン電子社(韓国)
  (3)シーゲイト・テクノロジー社(米国)
  (4)株式会社 東芝
  (5)株式会社 日立グローバルストレージテクノロジーズ
  (6)富士通 株式会社
 6.HDD市場長期推移予測(2006~2018年度)
  (1)HDD全体 (2)インチ別

第II章 HDメディア市場の動向
 1.HDメディア市場の動向と展望(2006~08年度)
 ●HDメディア出荷枚数推移予測(2006~14年度、グラフ)
  /シェア予測(2006~2010年度)
 2.HDメディア市場規模推移予測(2006~10年度)
  (1)アルミ基材の出荷枚数推移予測(3.5インチ)
  (2)ガラス基材の出荷枚数推移予測(2.5インチ以下)
  (3)アルミHD出荷枚数推移予測(2006~2014年度、グラフ)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (4)ガラスHD出荷枚数推移予測(2006~2014年度、グラフ)
   /シェア予測(2006~2010年度)
 3.インチ別HD出荷枚数推移予測(2006~2014年度)
 4.メーカー別HD出荷枚数推移予測(2006~12年度)
  (1)1.0インチ以下HD出荷枚数推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (2)1.8インチHD出荷枚数推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (3)2.5インチHD出荷枚数推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (4)3.5インチHD出荷枚数推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
 5.HDメディアメーカーの動向と戦略
  (1)主要アルミHDメーカーの動向と戦略
    1)株式会社 神戸製鋼所
    2)昭和電工 株式会社
    3)東洋鋼鈑 株式会社
    4)富士電機デバイステクノロジー 株式会社
    5)古河電気工業 株式会社
  (2)主要ガラスHDメーカーの動向と戦略
    1)旭硝子 株式会社
    2)株式会社 オハラ
    3)HOYA 株式会社

第III章 HDD関連部材及び技術の動向
 1.磁気ヘッド市場規模推移予測(2006~2010年度)
 ●磁気ヘッド出荷数量推移予測(2006~2014年度)
  /磁気ヘッド出荷シェア(2006~2010年度)
 2.HDD用磁気ヘッド技術の動向
  (1)垂直磁気ヘッドの技術概要
  (2)TMRヘッドの技術概要
  (3)GMR・TMRヘッド市場長期推移予測(2006~2018年度)
 3.磁気ヘッド外販メーカーの動向と戦略
  (1)アルプス電気 株式会社
  (2)TDK 株式会社
 4.磁気ヘッド関連企業の動向と戦略
  (1)セイコーインスツル 株式会社
  (2)日本精工 株式会社
 5.HDD用モータ市場規模推移予測(2006~2010年度)
 ●HDD用モータ出荷数量推移予測(2006~14年度)
  /出荷数量シェア予測(2006~2010年度)
 6.インチ別HDD用モータ出荷数量推移予測(2006~2014年度)
 7.メーカー別HDD用モータ出荷数量推移予測(2006~2014年度)
  (1)1.0インチ以下HDD用モータ出荷数量推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (2)1.8インチ以下HDD用モータ出荷数量推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (3)2.5インチHDD用モータ出荷数量推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
  (4)3.5インチHDD用モータ出荷数量推移予測(2006~2012年度)
   /シェア予測(2006~2010年度)
 8.HDD用モータメーカーの動向と戦略
  (1)日本電産 株式会社
  (2)パナソニック四国エレクトロニクス 株式会社
  (3)ミネベア 株式会社
 9.HDD関連部材有力企業の動向と戦略
 (昭和電工(株)/新日鐵化学(株)/新日鉄マテリアルズ(株)/日鉱金属(株)/
  日本発条(株)/日本ミクロコーティング(株)/日立金属(株)/
  (株)ノリタケカンパニーリミテド/北陸電気工業(株)/(株)松村石油研究所)
 10.主要研究機関等によるHDD関連技術開発の動向
 (関西大学/産業技術総合研究所/名古屋大学/(株)富士通研究所/早稲田大学)
 《参考》
 (フレキシブルプリント配線板世界市場長期推移予測(2006~2016年)/
  CMP用スラリー世界市場長期推移予測(2006~2016年)/
  ネオジム系磁石世界生産量推移予測(2006~2012年)/
  スパッタリングターゲット世界市場推移予測(2005~2014年度))

第IV章 HDD応用市場の動向と展望
 1.HDD搭載DVDレコーダー市場の動向
 《参考》HDD搭載DVDレコーダー国内需要推移予測/
     DVDレコーダー世界需要推移予測(2006~2014年度)
 2.携帯デジタルオーディオプレーヤー市場の動向
 《参考》携帯デジタルオーディオプレーヤー国内市場推移予測
    (2006~2014年度)
 3.カーナビゲーション市場の動向
 4.パソコン市場の動向
 5.デジタルビデオカメラ市場の動向
 《参考》
 (カーナビゲーション国内及び世界需要推移予測(2006~2014年度)/
  パソコン国内及び世界市場推移予測(2006~2014年度)/
  パソコン市場2006年度シェア予測(国内及び世界)/
  デジタルビデオカメラ(DVC)及びHDD搭載型ビデオカメラ世界需要推移予測
  (2006~2014年度)
 6.HDD競合市場の動向
  (1)ストレージシステム市場の動向
  (2)テープストレージの動向
  (3)データストレージ関連企業の動向
   (タンベルグデータ(株)/日本電気(株)/(株)日立製作所/富士通(株))
 《参考》国内ネットワークストレージ市場推移予測(2006~2014年度)
  (4)NAND型フラッシュメモリー市場の動向と関連企業の戦略
   (IMフラッシュテクノロジーズ(米国)/サムスン電子(韓国)/(株)東芝)
 《参考》NAND型フラッシュメモリー世界市場長期推移予測(2006~2018年度)
     /世界市場シェア予測(2006~2010年度)
 7.HDD搭載関連企業の動向と戦略
  ((株)アイ・オー・データ機器/クラリオン(株)/(株)ケンウッド/
   ソニー(株)/(株)東芝/日本ビクター(株)/パイオニア(株)/
   (株)日立製作所/松下電器産業(株)/三菱電機(株))
 8.HDD応用市場長期推移予測
 (アプリケーション別、2006~2018年度)


■■商品概要■■

資 料 名:「'07 HDD市場の実態と将来展望」
発 刊 日:2006年10月5日
発  行:株式会社日本エコノミックセンター
販  売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判  型:B5判 240頁
頒  価:
68,000円(本体価格64.761円+消費税3,239円)別途税込送料500円

【詳細URL: (リンク ») 】

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を
明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフ
ォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:151,450,000円(2003年11月20日現在)
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■
※2006年9月4日(月)商号の変更及び住所移転いたしました。
〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!