『INAX』が製造部門の生産管理情報のデータ管理に ウイングアークの多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA」製品を採用

ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 2006年11月27日

 Form & Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下、ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区 代表取締役社長 内野弘幸)は、タイルやトイレ、浴室などの水まわり機器、リフォームや関連サービスを手がける株式会社INAX(以下 INAX、本社:愛知県常滑市、社長:杉野正博氏)が、製造部門の生産管理情報のデータ管理において、多次元高速集計検索エンジン「Dr.Sum EA(ドクター・サム・イー・エー)」が採用、導入され、2006年11月よりタイル建材事業部での本格稼動したことをお知らせいたします。 

 INAXでは、業務の効率的な運用を念頭に早い時期からデータ分析環境の構築に取り組んできました。社内開発した分析システムにより、売上分析や需要予測などを中心に大きな効果をあげていました。このため、同分析システムは生産調達管理へも導入が検討されましたが、データ処理に手間と時間がかかる、工場ごとの個別管理がむずかしい、また必要とされるタイミングで情報提供できない、などの問題がありました。
 そこでINAXの情報システム部では、日々の業務で発生する業務データを可視化し、生産や品質管理に役立てるためのデータ分析ツールの導入を検討しました。そこで採用されたのが、手間をかけずに集計結果からグラフを利用してデータを可視化できるウイングアーク テクノロジーズの「Dr.Sum EA」です。

「Dr.Sum EA」が採用された理由は以下の通りです。
1. メンテナンス性がよい
2. グラフが簡単にすばやく表示できる
3. ドリルダウンによりさまざまな分析が可能
4. 部門単位で導入できる手ごろな価格

 「Dr.Sum EA」を最初に導入したINAXのタイル建材事業部では、各工場で個別に行なわれていたデータのグラフ化の作業を、一元的に管理し業務の効率化に取り組みました。約5万点のタイル建材の在庫、出荷、受注残の動行情報のデータ量は膨大で、そのデータ件数は約800万件にもおよびます。そこで、大容量データをすばやく集計・分析できる「Dr.Sum EA」により、一目瞭然で理解できるグラフを利用してデータの可視化を実現しました。これにより、経験者だけではなく、業務に携わる誰もが過去のデータを参考に客観的に判断できる環境を整えることができました。
 タイル建材事業部では、主要な6つの生産拠点で新しい分析システムの本格稼動に備えた作業を順次進めています。生産拠点ごとに「Dr.Sum EA」が活用されることにより、スムーズな意思決定をはかり、より効率的な業務運用を目指すことになります。また、「Dr.Sum EA」は、商品カタログの利用実績データ管理にも利用され、過去のデータから印刷に必要な部数を推測し、過不足なく手配することでコスト削減にもつながると期待しています。
 今後INAXでは、データ資産の効率的な利用を目的として、データ提供の標準化・定型化を目指し、タイル建材事業部から全製造部門での導入を予定しています。

【株式会社INAXについて】  (リンク »)
設立:1924年2月
本社:愛知県常滑市
事業内容:タイル建材・住宅設備機器(トイレ・バス・キッチン・洗面化粧台)の製造・販売。
INAXのブランドステートメントは「For Precious Life」。それは、顧客一人ひとりが心から満足できる大切な暮らしをカタチにしたい、という思いを表したものだ。同社は、顧客の個性を大切にしながらお客さま一人一人の夢や憧れを実現する新しい提案のある商品やサービスを次々と提案している。

[Dr.Sum EAについて]
Dr.Sum EA データ活用ソリューションは、ITを経営や業務の現場に役立てるために、動的多次元高速集計検索エンジンDr.Sum EAをコアに、企業に蓄積されるデータを自在に集計・加工して、利用者に応じて一貫したデータ活用を実現する環境を提供しています。
 Dr.Sum EAは、サーバソフトウエアとクライアント(利用者)PC用のExcelインターフェイス(無償Excelアドインモジュール)で構成され、サーバソフトウエアは、大容量データを蓄積したデータベースからユーザが指定した角度でデータを切り出して動的にキューブ(多次元データベース)を生成します。利用者は、使い慣れたExcelを操作する延長線上で、ドリルダウンやドリルスルーなどの機能を使ってサーバで集計されたデータをExcelのシートに表示し、さらに集計し分析することができます。

[ウイングアーク テクノロジーズについて]
大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:62億円(2006年2月期)
従業員数:116名(2006年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。
URL: (リンク »)

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社 
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!