ホスティング業界初! レンタルサーバー利用者へスパイウェア対策サービス「SpyZero」を提供開始! (株)フューチャースピリッツと(株)インターコムが業務提携

本ニュースリリースは、株式会社フューチャースピリッツ、株式会社インターコムの共同発表です。両社から重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

株式会社インターコム 2006年03月22日

ホスティング事業を中心に展開する株式会社フューチャースピリッツ(本社:京都市下京区、代表取締役:谷孝 大、以下 フューチャースピリッツ)と、通信ソフトの開発メーカーである株式会社インターコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長:高橋 啓介、以下 インターコム)はこのほど業務提携を行い、フューチャースピリッツのレンタルサーバー利用者に向けて、ホスティング業界初となるスパイウェア対策ASPサービス「SpyZero」(開発元:株式会社アンラボ)の提供を2006年3月22日より開始しました。

このたび提供する「SpyZero」は、ASP方式を採用したパソコン向けスパイウェア対策のオンラインサービスです。情報セキュリティの大きな脅威となるスパイウェア対策をホスティングサービスと同時に利用者へ提供することで、レンタルサーバー利用の枠を超えたワンランク上のセキュリティソリューションを実現します。

昨今、「Winny(ウィニー)」などのファイル共有ソフトの不用意な利用が原因で起こる情報流出事件に代表される、官公庁や企業における個人情報漏洩が大きな社会問題になっています。個人情報漏洩は、情報を盗み出されたり、流出させてしまった企業側の責任が大きく問われます。顧客や取引先への損害賠償を始め、被害拡大防止策の実行、原因追究、訴訟問題など、さまざまな対応を迫られ、多大な費用が発生します。さらに社会的信用の失墜や業務自粛による損失など企業にとって大きなダメージとなります。

情報漏洩の原因の一つに、近年被害が急増しているスパイウェアがあります。スパイウェアは、“スパイ”という名の如く、パソコン使用者の認知・承諾のない状態でパソコン内に侵入し、システム情報や個人情報、ID・パスワードなどの入力情報、Webサイト閲覧履歴といったものを収集し、外部に送信するプログラムです。

◇スパイウェアの脅威について
└→ (リンク »)

スパイウェアに対する意識の高まりとともに、組織レベルでも専用の対策ソフトの導入が進んでいます。しかしながら導入時の課題として面倒なインストール作業や煩雑なライセンス管理などが発生、組織内のシステム担当者の負担は増加傾向にあります。

フューチャースピリッツは、システム担当者の負担を大幅に軽減するスパイウェア対策サービスの提供を開始しました。サービスの提供にあたり、インターコムのスパイウェア対策ASPサービス「SpyZero」を採用しました。「SpyZero」の利用者は、初回のみ専用サーバーにアクセスして自動的にサービスに必要なコンポーネントを取得します。また、インストールやアップデートなどがすべて自動化されているため、常に最新のエンジンプログラムでスパイウェア対策を行うことが可能です。

「SpyZero」をレンタルサーバーのオプション機能としてサーバー管理システム「サイトマネージャー」の一機能に組み込むことで、Webサイトやメール運用だけではなくクライアントPCのセキュリティ対策に至るまでを一元管理することが可能です。また、プログラムのライセンス更新やアップデートの手間も減少し、組織内での業務効率化につなげることができます。

フューチャースピリッツでは、早期的なウィルスメールチェックサービスの標準提供や迷惑メール対策に効果を発揮する専用メールサーバープランなど、セキュリティを意識したサービス提供を実施しており、付加価値の高いレンタルサーバーを目指して常に新しいサービスの提供を行っております。

◇「SpyZero」サービス概要について
└→ (リンク »)

◇「SpyZero」機能詳細について
└→ (リンク »)

-----------------------------------------------------

■[ SpyZero サービス詳細 ]

【提供開始日】
・2006年3月22日(水)

【サービス内容】
・提供形態:ASP型スパイウェア対策サービス

・提供可能サービスプラン:
 FutureWeb・FutureMail・FutureShopシリーズ各種
 ※レンタルサーバープランのオプション機能となり、単独ではお申込みいただけません。

・利用費用:10ライセンスパック月額3,150円[税込]
     ( 1ライセンスあたり月額 315円[税込])
     ※10ライセンス単位での契約となります。

◇スパイウェア対策サービス「SpyZero」について
└→ (リンク »)


(提供元サービス)
◇インターコム SHILDIAN NETservice「SpyZero」について
└→ (リンク »)

-----------------------------------------------------

■[ 会社紹介 ]

株式会社フューチャースピリッツ
・2000年1月 設立 / 資本金 3,000万円
・ホームページ  (リンク »)

レンタルサーバーサービスを中心に、ハウジングサービスや、ウェブサイト企画、プロデュース、デザイン制作、データベース連動型ウェブサイトのシステム開発運用保守などを行い、ウェブサイトの構築から運用まで全て一貫したサービスを提供しております。


株式会社インターコム
・1982年6月 創立 / 資本金 8,400万円
・ホームページ  (リンク »)

1982年の創業以来、パソコン向け通信ソフトウェア専門の研究開発型カンパニーとして、「まいと~く」「FALCON」「Biware」「MegaBRIDGE」など数々の商品を生み出し、今日ではパソコン業界を通して“通信のインターコム”との評価をいただくほどになりました。近年では、企業、学校、コンシューマ向けに、通信(レガシー/インターネット)およびセキュリティ、ユーティリティ、デジタルホーム関連のソフトウェア・ハードウェアソリューションの研究開発・販売、ECショップ運営などを行っております。

-----------------------------------------------------

■[ お問い合わせ先 ]

<本サービスおよび本ニュースリリースに関するお問い合わせ>
株式会社フューチャースピリッツ
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町93番地 京都リサーチパーク 6号館3F
TEL:0120-44-0088 / FAX:075-326-7400
E-mail:pr@future-s.com


<本ニュースリリースに関するお問い合わせ>
株式会社インターコム
〒110-8654 東京都台東区台東1-3-5
広報宣伝担当 澤田季治、鈴木 修
TEL:03-3839-6775 / FAX:03-3839-6232
E-mail:sawada@intercom.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社インターコムの関連情報

株式会社インターコム

株式会社インターコムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!