編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

常陽銀、オンライン商談に画面共有「RemoteOperator」--在宅相談ニーズに対応

藤代格 (編集部)

2020-11-12 06:45

 地方銀行の常陽銀行(茨城県水戸市、従業員数3319人)は、画面共有サービス「RemoteOperator Enterprise」を採用。11月2日に一部店舗で開始したオンライン商談サービス「資産運用相談業務等におけるWEB面談」に活用しているという。11月11日、RemoteOperatorを提供するインターコム(台頭区)が発表した。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止、デジタル化の進展などを背景に、自宅からの相談を希望する顧客が増加。来店せずとも対面と遜色ない情報提供を目指したという。

 音声で案内しつつ、顧客のPC、タブレットに資料を共有可能。タイムリーで対面と遜色ない情報提供ができるとしている。

「RemoteOperator」を活用したオンライン商談サービスのイメージ(出典:インターコム)
「RemoteOperator」を活用したオンライン商談サービスのイメージ(出典:インターコム)

 RemoteOperator Enterpriseは、顧客側は専用アプリケーションをダウンロードせずに「Microsoft Edge」「Internet Explorer 11」「Firefox」「Google Chrome」「Safari」などのウェブブラウザから活用可能。顧客端末に依存しないという。

 音声は電話回線を活用するため、安定した画面接続が可能。国内メーカー開発のため、導入、運用の支援が手厚い点も評価したとしている。

 料金は、1回線同接続できる1ライセンスの基本契約料が税別年額40万円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]