京セラコミュニケーションシステム、 「KWINS for PDA」がWindows Mobile 5.0に対応し、 日本HPの「HP iPAQ Pocket PC」シリーズ5機種追加

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年07月10日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 森田直行 以下KCCS TEL代表 075-623-0311)が提供している、モバイルネットワークサービスの定額制PDA専用メニュー「KWINS for PDA」がWindows Mobile 5.0に対応出来るようになりました。それに伴い、日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 小田晋吾 以下日本HP)の「HP iPAQ Pocket PC*1」シリーズより、hx2190、hx2190b、hx2490、hx2490b、hx2790が対応機種として加わります。

 「KWINS(クインズ)」は、PHS網を利用した月額固定料金のリモートアクセスサービスで、いつでも、どこからでも*2接続時間や接続料金を気にすることなく
ご利用いただけます。「KWINS for PDA」は、機器認証機能*3を搭載したPDA及びPocket PC専用サービスで、従来のパソコン・PDA両用の KWINSメニューと比べ、格段に安い価格でご提供出来るのが特長です。

 今回、Pocket PC などのモバイル デバイス向けOSであるWindows Mobile 5.0に対応し、「KWINS for PDA」の対応機種に更に5機種を追加致しました。これにより「KWINS for PDA」の対応機種は5メーカー25機種*4となります。また、既にWindows Mobile 2003版にて対応しているhx2110、hx2410、hx2750のOSを、Windows Mobile 5.0にバージョンアップした場合も、対応が可能となります。


<新規対応PDA>
■日本HP■
iPAQ hx2190 Pocket PC
iPAQ hx2190b Pocket PC
iPAQ hx2490 Pocket PC
iPAQ hx2490b Pocket PC
iPAQ hx2790 Pocket PC

<既存対応PDA(Windows Mobile 5.0へバージョンアップ後も対応)>
■日本HP■
iPAQ hx2110 Pocket PC
iPAQ hx2410 Pocket PC
iPAQ hx2750 Pocket PC


<専用通信カード付ライセンス*5>
■販売サイト■
(リンク »)  (kutikomi)
■販売価格■
専用通信カード付6ヶ月ライセンス 25,725円(税込)
専用通信カード付12ヶ月ライセンス 35,175円(税込)


今後もKCCSは、マルチキャリアMVNO*6として、より快適なイントラネット接続環境を提供していくと同時に、ユーザのモバイルニーズに応えるため、最先端のワイヤレス・認証技術を活用したリモートアクセスソリューションを提供して参ります。


*1 「HP iPAQ Pocket PC」の詳しい情報については、Webサイト (リンク ») をご覧ください。

*2 KWINSの対応エリアに限ります。

*3 アジアパシフィックシステム総研株式会社と株式会社ウィルコムが開発した機器を判別するシステム。

*4 対応機種一覧は (リンク ») をご確認ください。

*5 ライセンスタイプは個人のお客様向けのメニューとなります。法人でのご利用は、別途お問い合わせ下さい。

*6 Mobile Virtual Network Operatorの略で、既存の携帯電話会社から基地局やネットワークなどの設備を借り受けて、独自の移動体通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者。

* 「KWINS(クインズ)」はKCCS Wireless IP Network Serviceの略称です。「KWINS」の詳しい情報については、Webサイト (リンク ») をご覧ください。

* 製品名及び会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?