ニイウス、メールアーカイブのASPサービス「ニイウスメールアーカイブサービス」を第一号ユーザに提供開始

SOX法対応や内部統制システムを視野に入れたメール監査/長期保存システムをニイウス名護データセンターで展開

ニイウス株式会社 2006年07月12日

ニイウス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:森 直樹、以下ニイウス)は7月より、電子メールの監査対応/長期保存のためのアーカイブサービス「ニイウスメールアーカイブサービス」の提供を第一号ユーザに向けて開始したことを発表しました。

本件は、ニイウス名護データセンター(沖縄県名護市)を使用したASPサービスの提供となります。今後、年内に10数社の採用が見込まれています。

日本版SOX法が2008年にも施行と見られているなか、コンプライアンス(法令遵守)やコーポレート・ガバナンス(企業統治)など、内部統制システムの整備が必須となっています。その中で、メールを監査証跡と位置づけ、過去数年間の大量のメールを保存し、柔軟かつ高速にメールを検索し監査を支援するメールのアーカイブ(長期保存)システムを導入する必要性が高まっています。

■ニイウスメールアーカイブサービス:メールの監査や長期保存をASPで提供
お客さまのメールサーバのデータを、ニイウス名護データセンターの専門スタッフが運用するサーバと大容量ストレージ装置に、リアルタイムまたは一定間隔で複製/保存。専用のWeb画面から瞬時に検索できます。これまで時間がかかっていた監査の対応が迅速になるとともに、メール本文や添付ファイルのキーワード検索が行なえるため、監査の精度が向上します。また、一定期間経過後はメールデータの消去や改ざんも不可能です。

これらのサービスがASPで提供されるため、自社で構築するケースに比較して、最短1ヶ月程度からの短期導入が可能です。さらに、システム部門のスタッフが大容量のデータやストレージ装置を運用する必要がなくなるため、法令遵守や内部統制にかかるコストを最適化できます。

また、「Microsoft(R) Exchange」と「Lotus Notes/Domino」、「Sendmail (Linux)」「postfix (Linux)」に対してエージェントモジュールで対応できるほか、メールの転送経路にゲートウェイを設置すれば他メールサーバにも対応可能です。

■サービス料金について
ニイウスメールアーカイブサービスの標準料金は1ユーザあたり月額1,000円です(ユーザあたりの月間アーカイブ容量が30MBまでの場合)。初期導入費用とネットワーク回線料金は別途必要になります。

用語解説

■ニイウス株式会社について
ニイウス株式会社は、ニイウスグループにおける金融機関向けビジネスを担うニイウス コー100%出資会社です。金融機関を中心としたハードウェア、ソフトウェアの販売およびSEサービスの提供、データセンターや先端技術を活用した業務アプリケーション・サービスの提供を行なっています。
詳しくは、 (リンク ») をご覧ください。

■ニイウスグループについて
ニイウスグループは、主に金融および医療機関向けにビジネス・サーバ・システムによる情報システム構築を行なうソリューション・プロバイダーです。1992年7月の設立以来、高度なSE技術力と積極的な事業展開により、高い成長を遂げてきました。近年は、新たに医療ビジネス分野への参入やデータセンター運用体制の強化に取組んでいます。持株会社「ニイウス コー株式会社」は、グループ全体の意思決定機関として、経営のスピードと透明性の向上を図り、株主重視の経営体制を確立します。傘下の事業会社には、金融機関向けビジネスを展開する「ニイウス株式会社」、金融コンサルティング・ビジネスを展開する「株式会社ニイウス金融エンジニアリング・グループ」、医療情報システム・ビジネスを展開する「ニイウスメディカルシステム株式会社」、金融および医療ビジネスの開発全般を担う「ニイウスSE株式会社」、データセンター事業ならびにJAVA開発センター事業を手がける「株式会社ビックニイウス」があります。
詳細については (リンク ») をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
ニイウス コー株式会社 (広報担当:ニイウス コー株式会社 広報室 高山)
Tel:03-5117-7209  e-mail:press@niws.co.jp
ホームページURL:  (リンク ») (ニイウス コー株式会社)

株式会社パブリシス(ニイウスPR代理 担当:竹村、竹内)
Tel:03-5719-8901 Fax:03-5719-8919  e-mail:niws@publicis.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!