国内IP-VPNサービスの市場規模実績および予測を発表

IDC Japan株式会社 2006年12月13日

・2010年における国内IP-VPN市場(スタンダードVPN/ライトVPN/インターネットVPN)は、2,680億円規模と予測 ・ライトVPN/インターネットVPNの回線数は堅調に増大するが、収益性の高いスタンダードVPNがIPベースVPN市場の中核を維持 ・ユーザーの根強いコスト意識により、低廉なサービスへの移行が進行し、複合的なネットワーク利用が広まる

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内IP-VPNサービス市場の実績と予測を発表しました。これによると、2005年におけるIPベースVPNサービス市場全体の売上は前年比15.5%増の2,105億円となりました。その内訳は、スタンダードVPNの売上が前年比9.9%増の1,612億円、ライトVPNの売上は前年比81.7%増の69億円、インターネットVPNの売上は前年比33.3%増の424億円でした。

2005年~2010年における年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)5.0%で拡大し、2010年には、IPベースVPNサービス市場全体の売上は2,680億円になると予測しています。内訳は、スタンダードVPNの売上が1,728億円(同1.4%)、ライトVPNの売上が212億円(同25.0%)、インターネットVPNの売上が740億円(同11.8%)に達するとIDCではみています。国内のIPベースVPNサービス市場のうち、スタンダードVPNの収益は、2005年末時点で8割近くを占めていますが、2010年には約65%を維持すると予測されます。

2006年の国内IP-VPN(スタンダード)市場は成熟期にあり、より低廉なライトVPN/インターネットVPN市場セグメントの成長による影響を強く受けています。IDCでは、従来、IPベースVPNサービスをIP-VPNおよびインターネットVPNの2つのセグメントに分類していましたが、アクセス回線に低廉なブロードバンドを利用する形態が一般化していることから、IP-VPNをさらにスタンダード(MPLSベース)タイプとブロードバンドをアクセスに利用するライトタイプの2つに分類しました。

2005年の国内IPベースVPNサービス市場は、従来のスタンダードVPNで接続されていたアクセス回線が、より低廉なライトVPN/インターネットVPNによる接続形態に置き換わる傾向を強めています。このため、2005年のスタンダードVPNおよびライトVPNを合わせた市場全体(従来のIDCレポートによるIP-VPNサービス市場に相当)では、回線数の成長は順調でしたが、収益ベースでは大きく減速し、低廉なライトVPNの伸びにより回線単価が減少する結果となりました。また、インターネットVPNにおいても、順調な成長がみられました。

企業ユーザーの根強いコスト意識は市場に影響を与え続けるとIDCではみています。ネットワーク構築の最適化を実現させるソリューションを提供する上で、低廉なサービスへの移行が進行し、複合的なネットワークサービスの利用が継続すると予測されます。そのため通信事業者は、従来の収益性を損なうことになりましたが、低廉なアクセス回線への移行により、ネットワーク構築の最適化を図るというユーザーニーズに応えながら、顧客囲い込みに注力しています。

「2005年から顕在化し始めたブロードバンド回線を経由した低廉で閉域性を保証したライトVPNは、徐々に市場に受け入れられつつある。また、もう1つの低廉なVPNサービスであるインターネットVPNは、市場投入が早かったため、既に流通分野を中心に導入実績を高めている。こうした要因によりスタンダードな従来のMPLSベースIP-VPN市場の成長が鈍化している。しかし一方、同市場ではアクセス部分の光化が進むことによるバックボーンネットワークの帯域拡大が期待される」とIDC Japanコミュニケーショングループ マーケットアナリストである門脇 博之は分析しています。

今回の発表はIDCが発行した調査レポート「国内IP-VPNサービス市場 2005年の分析と2006年~2010年の予測」(J6060107)にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、国内のIP-VPNサービス市場を対象として、最近の市場動向と将来の変化について、低廉なIPベースVPNサービスの影響を考察し、主要事業者の最近の動向など最新情報を提供しています。

(※レポートの詳細についてはIDC Japanへお問合せ下さい。)
(※本リリースはこちらでもご覧いただけます。 (リンク ») )

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!