みずほ銀行、「みずほダイレクト」のセキュリティ強化に、VASCO社「ワンタイムパスワード」Digipass製品の採用を決定!

株式会社テリロジー 2007年02月27日

 株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:津吹憲男、以下:テリロジー)は、 株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区、取締役頭取:杉山清次、以下:みずほ銀行)がインターネットバンキング「みずほダイレクト」のセキュリティ強化策として、弊社が日本国内の販売代理店として取り扱っているVASCO Data Security International,Inc.(本社:ベルギー、CEO:Kendall Hunt氏、以下:VASCO社)の「ワンタイムパスワード」トークン製品が採用されたことを発表した。この対策は、「みずほダイレクト」において不正利用を防止する有効な対策であり、一層のセキュリティ向上の観点から導入を決定したものである。尚、VASCO社トークン製品の導入時期は2008年春を予定している。

 「ワンタイムパスワード」とは、取引ごとに異なる使い捨て方式のパスワードのこと。みずほ銀行では、希望するお客様にトークン(パスワード表示専用端末)を配布し、振込みなどの資金移動の際には、これまでの「第2暗証番号」に変わり、トークンに表示されるワンタイムパスワードを入力する。尚、みずほ銀行が採用したVASCO社のトークン製品は、世界各国で3,300社以上の企業や政府機関に採用され、金融機関においても約550社以上で採用されている。
 みずほ銀行のインターネットバンキング「みずほダイレクト」における「ワンタイムパスワード」の導入により、万が一、スパイウェアやフィッシングなどにより、オンライン上でパスワードが不正に盗まれたとしても、次の取引時には異なるパスワードでの認証が必要となるため、悪意ある第三者による不正な取引の防止に有効な対策である。

【参考】
みずほ銀行「みずほダイレクト」ホームページ
URL: (リンク »)

【VASCO社について】
 VASCO社は、セキュアなネットワークアクセス、e-ビジネス、e-コマース向け特許取得「ID認証」製品の設計、開発、サポートをおこなっている。VASCO社は独自の認証技術により、これまでに世界中で約2,800万個の出荷実績があり、世界100ヶ国以上で、550社以上の金融機関や3,300社以上の企業や政府機関に採用され、名実共に「世界の金融市場におけるワンタイムパスワード・トークンのリーダー」となっている。
VASCO社URL: (リンク »)

本リリースに記載されている社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

【VASCO社製品に関するお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
営業本部 金融営業部
TEL:03-3237-3291、FAX:03-3237-3293
e-mail :vasco@terilogy.com

【報道関係者様からのお問い合わせ先】
株式会社テリロジー
経営企画本部 広報担当 齋藤 清和
TEL:03-3237-3291、FAX:03-3237-3293
e-mail :ksaito@terilogy.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社テリロジーの関連情報

株式会社テリロジー

株式会社テリロジーの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?