「国内検索エンジン市場の変化と方向性」を販売開始

Yahoo!やGoogleと肩を並べる日本独自の検索エンジンは誕生するか? 大きく変化しようとしている国内検索エンジン市場のトレンドをつかむ

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2007年04月17日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「国内検索エンジン市場の変化と方向性」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年4月17日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「国内検索エンジン市場の変化と方向性」を販売開始

~Yahoo!やGoogleと肩を並べる日本独自の検索エンジンは誕生するか?
  大きく変化しようとしている国内検索エンジン市場のトレンドをつかむ~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社ROA Groupが提供する調査レポート「国内検索エンジン市場の変化と方向性」の販売を開始しました。

【詳細ページ: (リンク ») 】


■■ 資料概要 ■■

国内における検索エンジン市場は、Yahoo!やGoogleといった米国の大手企業がしのぎを削っている状況にある中で、現在政府主導のもと日本独自の検索エンジン開発を推進しようとする動きが見えてきています。従来日本は検索技術において世界をリードしている部分は多々ありますが、その技術を活かし、大手グローバル企業と肩を並べるほどの国産検索エンジンはまだ現れていません。ROA Groupはその状況が今大きく変化しようとしている点に着目し、関連事業者が現在の検索エンジンのトレンドを把握し、今後の方向性をつかむための参考資料となるべく本レポートを作成しました。


■■ エグゼクティブサマリー ■■

現在検索エンジンの領域はウェブ検索であり、テキストデータベース検索を基本に、広告市場やソフトウェア開発市場での売上が発生している。

しかしながら未来の検索エンジンの領域はより広範囲なものになり、‘ウェブ検索’以上の、‘ローカル検索’や‘プッシュ型シンジケーション方式の検索’、‘オブジェクト検索’、‘ユビキタス検索’等さまざまな方向性へと進化するとみられる。また検索対象となるデータベースが、テキストデータベースからマルチメディアデータベース、センサー・測定装置によるリアルタイムデータベース、そして現在とは全く異なる別の情報入力インターフェースによる実世界データベースへと拡張され、専門的になりつつも各機能により有機的に動作する検索サービスが期待される。

このような検索エンジンの未来は、広告産業、ソフトウェア開発産業のような現在既に関連の売上が発生している市場だけでなく、今後は遠隔診療、情報家電を通じた検索、交通情報及び状況のリアルタイム感知を利用したITSシステム等、未来社会の人間と人間、人間と機械、機械と機械間の情報収集と解釈・発信へとつながるだろう。そして未来の検索エンジンは情報端末産業、EC(Eコマース)、物流産業、医療産業、教育産業、交通産業そして未来の安心/安全に関する産業と関連性が生まれ、影響を与える膨大な市場を視野に入れている。

本レポートはウェブ検索だけでなく、情報アクセス産業全体の観点から検索技術の開発を取り巻く事業者の動向を分析することに焦点を合わせて作成されており、全ての検索エンジン技術を網羅したり技術面で深く掘り下げたりするのではなく、ROA Group独自の判断により注目すべきトレンドのキーワードを抽出する形をとっている。

ROA Groupは検索エンジンの発展を、ただの現段階のSEMの価値としてだけみているのではなく、次世代産業の基盤となる技術として注目している。本レポートにより検索エンジン市場は現時点でGoogleが支配しているテキストまたはウェブページ技術と広告メディアの可能性にとどまらず、より多様な観点から展開されていることを認識し、関連事業者のパラダイムが急激に変化している状況の中、関連事業者がトレンドを正しく把握し自社の事業構想の一助となることを期待する。

本レポートのフレームワークは専門家の見解を参考にし、ROA Group独自の観点から構成されており、企業及びサービス情報等は2007年2月末時点に公開された二次資料を利用した。


■■ 資料目次 ■■

エグゼクティブサマリー

1 Introduction
 1-1 検索エンジンの発展方向
 1-2 検索エンジン関連の産業及び市場規模
 1-3 本レポートの企画背景

2 国内検索エンジン市場の現況
 2-1 検索エンジン市場シェア
 2-2 日本語対応の検索エンジン提供状況
  2-2-1 大手ポータルサイトの検索エンジン分類及び現在の提供状況
  2-2-2 特徴的な検索サイト

3 国内における次世代検索エンジン開発の動向
 3-1 政策動向 -‘情報大航海プロジェクト’
 3-2 事業者動向
  3-2-1 日本語理解技術の応用サービス
   3-2-1-1 NTTデータの‘なずき’
   3-2-1-2 kizasi.jp
  3-2-2 画像認識技術とモバイルインターネットの結合
   3-2-2-1 J-magicの携帯電話カメラを利用したソーシャルメディア
  3-2-3 次世代インターフェース技術
   3-2-3-1 NTTコムウェアのTangible RFID Interface
   3-2-3-2 日本SGI ST Emotion

4 インプリケーション
 4-1 ポータル事業者、検索開発事業者への提言
 4-2 端末メーカーへの提言


■■ 図目次 ■■

[図 1-1]検索エンジン技術と情報データベースの今後の方向性
[図 1-2]検索技術及び情報データベースの現況
[図 1-3]検索エンジン関連産業
[図 1-4]広告市場及び検索広告市場の年間成長率(2004年-2006年)
[図 1-5]ソフトウェア開発市場の年間成長率(2004-2006年)
[図 2-1]主な国別の検索エンジンシェアの比較:日本・米国・中国・韓国
     (一般ユーザーのアクセスシェア)
[図 2-2]国内検索エンジン市場の競争領域
[図 2-3]Web2.0時代の検索技術によるウェブソリューションの進化
     -マーケットプレイス、企業向けメッセージングシステム
[図 2-4]MARSFLAGの検索結果画面
[図 2-5]Pagebullの検索結果画面
[図 2-6]Sagoolのオモロ検索
[図 2-7]BON SAGOOLのコンセプト
[図 2-8]Wikiseek.comの検索結果画面
[図 3-1]‘情報大航海プロジェクト’の知的情報アクセスの展開領域の予想
[図 3-2]‘情報大航海プロジェクト’の研究開発ターゲット
[図 3-3]‘情報大航海プロジェクト’の技術マップ
     (医療、ヘルスケア応用SWG)
[図 3-4]新たな検索応用技術の領域
[図 3-5]ILUの日本語意味理解システムの応用概念
[図 3-6]gooリサーチのテキストマイニング適用例
[図 3-7]NTT-adのCGM Watch結果例(2)
[図 3-8]NTT-adのCGM Watch結果例(3)
[図 3-9]Overtureの携帯電話向けコンテンツ連動型広告配信の例
[図 3-10]kizasi.jpのウェブページ構成イメージ図
[図 3-11]Yahoo ! トレンドワードのβ版
[図 3-12]‘kizasi’のブログクチコミサーチのサービスメニュー
[図 3-13]J-magic PiXAシステムの概念
[図 3-14]オリンパスの‘スティッキーズ’システムの利用例
[図 3-15]NTTコムウェアのTangible RFID利用イメージ
[図 4-1]SKテレコムの‘1mm’サービスのUI

■■ 表目次 ■■

[表 1-1]広告市場及び検索連動型広告の市場規模(2004年-2006年)
[表 1-2]ソフトウェア開発の市場規模(2004-2006年)
[表 2-1]国内のポータルサイト及び検索エンジン市場シェア
     (一般ユーザーのアクセスシェア)
[表 2-2]国内の代表的な検索エンジンの分類(2007年2月末時点)
[表 2-3]PC向け大手ポータル系サイトの検索エンジン採用例
     (2007年2月末時点)
[表 2-4]モバイル向け大手ポータル系サイトの検索エンジン採用例
     (2007年2月末時点)
[表 2-5]Googleサービスの内容
[表 2-6]Googleの日本、中国、韓国の言語別対応サービス
[表 2-7]特徴的なウェブ検索サービス例
[表 3-1]NTTデータ‘なずき’の製品構成
[表 3-2]NTT-adのCGM Watchの結果例(1)


■■ 概要 ■■

資 料 名:国内検索エンジン市場の変化と方向性
発 刊 日:2007年4月
発   行:株式会社ROA Group
調査・制作:株式会社ROA Group
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4カラーコピー印刷・ページ数:未定(約80ページを予定)
価   格:
    ■ハードコピー版
     99,750円(税抜95,000円+消費税4,750円)別途送料500円
    ■CD-ROM(PDF)版
     99,750円(税抜95,000円+消費税4,750円)別途送料500円
    ■ハードコピー+CD-ROM(PDF)版
     102,900円(税抜98,000円+消費税4,900円)別途送料500円

【詳細ページ: (リンク ») 】


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?