シーネットネットワークスジャパン、IT製品資料請求サイト「IT製品比較.com」をリニューアル 企業向けマーケティングサービス「企業情報センター」と統合して機能を強化

朝日インタラクティブ株式会社 2007年07月26日

シーネットネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大日健、以下シーネットネットワークスジャパン)は7月25日、企業向けIT製品の一括資料請求サイト「IT製品比較.com」( (リンク ») )を、ZDnet Japan「IT製品比較」( (リンク ») )として全面リニューアルいたしました。
シーネットネットワークスジャパンでは、2006年12月に株式会社カレン(本社:東京都千代田区、代表:藤崎健一)よりIT製品比較.comの事業の譲渡を受けて以降、自社で運営するウェブメディアとのサービス連携を進めてまいりました。
今回のリニューアルでは、企業の最新情報やプレスリリースなどを発信できるサービス、ZDNet Japan「企業情報センター」( (リンク ») )との連携を行うことにより、企業の皆様は、製品情報を含めた企業情報を一元的に管理し、お好みのタイミングで公開できるようになりました。
さらに、IT製品比較.comでご提供してきた機能を強化し、お目当ての製品をすばやく探し出せるようになるほか、製品紹介画面のインターフェースも一新し、製品画像や製品の詳細なスペックまでを閲覧できるようになりました。
リニューアル内容の詳細は以下のとおりです。
-----------------------------------------------
■企業情報センターとの連携
企業の概要や最新情報、ホワイトペーパー、イベント情報、プレスリリース情報など、企業が発信する各種情報を投稿し、「ZDNet Japan」に個別企業の専用ページを公開できるZDNet Japan「企業情報センター」と連携します。これにより、製品を登録する企業ユーザーは企業情報と製品情報を一括して登録・管理できるほか、企業ページから製品ページへの誘導が図れます。
■新製品の一覧表示
トップ画面に新製品の一覧表示を行います。企業センターのユーザーであれば時間を指定して新製品の情報を公開することが可能です。
■検索機能の強化
今までフリーワードの指定のみ可能だった製品検索の機能を強化し、製品の価格帯や製品の形態、推奨するユーザー規模などを元に詳細な検索条件を指定できるようになりました。これにより、お探しの製品をすばやく見つけ出すことが可能になります。
-----------------------------------------------
シーネットネットワークスジャパンでは、IT製品比較の製品情報と、自社媒体の各種コンテンツをマッチングし、商品の認知度向上や潜在顧客の発掘を図れるよう、さまざまなサービスを提供する予定です。今後とも、ご利用のほどよろしくお願いいたします。
-----------------------
■シーネットネットワークスジャパンについて( (リンク ») )
米CNET Networks, Inc.が100%出資する子会社。米CNET Networks, Inc.(以下、CNET Networks)はインタラクティブ時代のコンテンツ環境を創出するワールドワイドのメディア企業です。CNET Networksは、「一味違うメディアカンパニー」としての自負を持ち、ユーザーと市場関係者、そしてエキスパートの編集者の知識と情熱とを組みあわせることで、よりリッチで深いインタラクティブな体験を創造しています。 CNET NetworksのリーディングブランドであるCNET、GameSpot、MP3.com、Webshots、ZDNetは、パーソナルテクノロジーやエンターテインメント、ビジネステクノロジーに焦点をあてています。 CNET Networksは米国、アジアおよびヨーロッパでビジネスを展開しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?