ライブドアのリサーチ事業 [BizMarketing サーベイ]、グルーヴプロモーションとの共同調査による調査レポート『iPhoneに関するアンケート調査』を販売開始

~『iPhone』の購入意欲は「30~40代男性 iPod所有者」において高い。国内における販売台数予想は、約258万台~

株式会社ライブドア 2007年09月11日

株式会社ライブドア (本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛 以下、ライブドア) は、グルーヴプロモーション株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役 森田裕行)と共同で実施した『iPhoneに関するアンケート調査』の結果をまとめた調査レポートの販売を開始いたしました。

 
□『iPhoneに関するアンケート調査』
(リンク »)

□BizMarketing サーベイ [SurveyReport]
(リンク »)


■調査概要

調査方法:BizMarketingサーベイによるインターネットリサーチ
調査対象:livedoor リサーチのアンケートモニター(全国エリアの男女)
開催期間:2007年7月20日 ~ 同7月23日
有効回答数:711件(男性55.8% 女性44.2%)
調査内容:米国で発売されたアップル社のiPhoneについての認知度、購買意欲、魅力度等のほか、携帯電話を購入する際に重視すること、iPodの利用状況、所有パソコンのメーカー等についてリサーチ。
iPhoneに関する本格的なアンケート調査は、日本国内では初めてとなります。


■資料概要抜粋

今回の調査では、iPhoneは30~40代男性に購入意欲者が多く、購入意欲者の過半数以上がiPodのユーザーという結果になりました。

iPhoneの魅力に関しては、『タッチスクリーンでの操作』『音楽機能』『デザイン』『アップルというブランド』の順に多く、iPhone購入意欲者はアップル製品のヘビーユーザーが多いと仮説付けることができます。

また、iPhone購入意欲者層が携帯電話選択の際に重視する事項としては『デザイン』が74.3%と最も高い結果となりました。


■レポート目次

iPhoneの受容性
iPhoneの購入意欲者層像
iPhoneの購入可能性層像

1.サンプルプロフィール
2.iPhoneについて
 2-1 iPhoneの認知状況
 2-2 iPhoneの魅力度
 2-3 iPhoneの魅力要素
 2-4 iPhoneの購入意向
3.所有している携帯電話及びアップル製品について
 3-1 現在、使用している携帯電話のキャリア
 3-2 現在、使用している携帯電話のメーカー
 3-3 携帯電話を選ぶ際に重視すること
 3-4 所有しているパソコンのメーカー
 3-5 iPodの所有状況

単純集計表


■商品概要

商 品 名:「iPhoneに関するアンケート調査」
発 刊 日:2007年9月
判   型:A4版 29ページ〔PDF資料〕
企画・発行:グルーヴプロモーション株式会社
調査協力:株式会社ライブドア メディア事業部 BizMarketing サーベイ運営事務局
制   作:株式会社エムプラス
価   格:
 【PDF版レポート】28,000円(税込)
 【PDF版レポート+ローデータ】48,000円(税込)


■お申し込み方法

下記URLよりお申込みください。
⇒ (リンク »)


■参考URL

BizMarketing サーベイ
(リンク »)


■本件に関するお問い合わせ先

株式会社ライブドア 広報部
担当:林(はやし)、南郷(なんごう)
電話:03-5155-0100
E-mail:press@livedoor.jp
URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ライブドアの関連情報

株式会社ライブドア

株式会社ライブドアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!