サイバーソリューションズ、ゲートウェイでメールを暗号化するシステム「MailGates Fz」を発表

サイバーソリューションズ株式会社 2007年10月24日

From DreamNews

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、メール送信時にゲートウェイでメールを暗号化する「MailGatesFz」(メールゲイツ・エフゼット)をリリース致します。

サイバーソリューションズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:秋田健太郎)は、メール送信時にゲートウェイでメールを暗号化する「MailGatesFz」(メールゲイツ・エフゼット)をリリース致します。ITコンプライアンスの整備にともないメール監査の導入が進んでおりますが、クライアント側で暗号化したメールは監査を行うことができず、十分な監査が行えないケースがありました。しかし、今回ゲートウェイでメールの暗号化処理を行うことにより、すべてのメールを監査することができるようになりますので、メールの内部統制が促進されると同時に、誤送信等による情報漏洩防止も可能となりますので、よりセキュアなメッセージング環境を提供できるようになります。

「MailGatesFz」は、汎用的で利便性に優れたZip(ジップ)を用いたメールと添付ファイルの圧縮、暗号化(パスワードをかけ)により機能を提供することで、これまで複雑過ぎてあまり普及していなかったメールの暗号化の仕組みを容易に導入できるようになります。


電子メールは今やコミュニケーションのひとつとして欠かせないツールになりましたが、通信環境という点からみますと、電子メールはあまり機密性の高いものとはいえません。そこには、情報漏えいや改ざんのリスクが潜んでいます。そこでメールを暗号化し通信するという手法が以前からありましが、特殊なソフトウェアや受信側に復号化の鍵が必要になるなど、容易にメールを暗号化してやりとりするものがあまりなく、一般的に普及しているとは言えない状況にあります。代わりに、その容易さから添付ファイルにパスワードをかけてメールの送受信を行っているケースが多く見受けられます。

そこで今回、メールと添付ファイルをゲートウェイでZip圧縮しパスワードを付加する形で、容易に暗号化を実現する「MailGatesFz」を提供することになりました。暗号化の範囲は、"メールと添付ファイルの両方"、あるいは"添付ファイルのみ"を選択することが可能であり、パスワードについても"可変型パスワード"(毎回パスワードを発行する)と"固定型パスワード"(特定の送り先に1つのパスワードを発行、その送り先には毎回同じパスワードを設定)を選択できるようになっています。パスワード付きのZipファイルであれば、特殊なソフトを持たない受信者にもメールを送ることが可能であり、広く利用することができますので、手軽にセキュアなメールの送受信を行うことが可能になります。

また、先日発表しました「MailGates Pro」に「MailGatesFz」およびアンチウイルス・オプションを追加することで、メールのゲートウェイで、スパム対策やウイルス対策、フィッシング対策、DoS攻撃防止、メールの暗号化等、セキュアなメール環境をお客様にオールインワンで提供できるようになります。


【 製品名 】??????????????? MailGates Fz(メールゲーツ・エフゼット)


【 出荷時期 】??????????? 2007年11月1日・・・MailGates ProにPre-install出荷

????????????????????????????????2007年12月上旬・・・MailGates Fz 出荷


【 利用価格 】??????????? MailGates Fz??:240,000円~ (100アカウント) 

??????????????????????????????????????????????????????? * ライセンスにつきましては、サブスクリプション形式(年間利用料)となります。

??????????????????????????????????????????????????????? * MailGatesProにプレインストール時、本体のアカウント数と同じアカウント数を適用。


(参考)

【MailGatesについて】

 「MailGates」は、メールシステムのゲートウェイに設置し、メールサーバにメールが入ってくる前にメールの多重フィルタリングを行い、スパムメール・疑わしいメールを隔離(検疫)しブロック、正常メールはバックエンドのメールサーバに配信することで、ビジネスに支障のないメール環境を提供するアンチスパムシステムです。

 日本国内でも急増するスパムメールに対し、メールの通信プロトコルSMTP に沿ったフィルタリングを実装、フィルターのルール設定も柔軟に行え、的確にスパムを排除することができるものです。一方2007年10月に発表しました「MailGates Pro」は「MailGates」にゼロアワープロテクションエンジンを追加搭載し、新種のスパムにも対応できるようになっております。


【サイバーソリューションズについて】

サイバーソリューションズ株式会社は、2000年の設立以来、企業ポータルとナレッジマネジメントのインフラである、検索ソフトウェアとメールシステムを提供してきました。

インターネット、イントラネットを含め、企業内のあらゆる情報を超高速で検索するソフトウェア「CyberFinder」は、現在までに大手企業を中心として国内で約500社の導入実績があります。Webメール機能搭載の統合型セキュア・メールサーバシステム「CyberMail」は、「CyberFinder」同様、低価格、軽快な動作、高速性、多機能を特徴とし、現在では国内で約500サイトの導入実績を誇ります。2005年にはサーチとメールのテクノロジーを活かしたメールアーカイブシステム「MailBase」、およびスパム対策システム「MailGates」をリリースしております。さらに、2007年3月には、「MailBase」のハイグレードASP版である「MailBase F-Class」(メールベース・エフクラス)を発表しており、大規模な企業への導入を図っており、セキュア・メッセージング・ソリューション企業としてのビジネス展開を行っております。




(参考)サイバーソリューションズ株式会社会社概要

●会社名??????? : サイバーソリューションズ株式会社

●設立日??????? : 2000年1月 

●資本金??????? : 255,594,600円(資本準備金含む)

●代表者??????? : 秋田 健太郎 (アキタ ケンタロウ)

●事業内容??? : ・ポータルサイト・ソフトウェアの企画/開発/販売

???????????????????????????????????? -ナレッジ検索ツール 「 CyberFinder 」

???????????????????????????????????? -エンタープライズ・サーチ「 CyberFinder LEXIS 」

???????????????????????????????????? -Web メール サーバシステム 「 CyberMail 」

???????????????????????????????????? -電子メールアーカイブ&サーチシステム 「 MailBase 」

???????????????????????????????????? -スパム対策システム「 MailGates 」、「MailGates Pro」

???????????????????????????????????? -ハイグレードメール監査ASPサービス「 MailBase F-Class 」

???????????????????????   ・ポータルサイト向けサーチエンジンASPサービス

??????????????????????? ? ・WEBソリューションのコンサルティング及び開発
● ホームページ: (リンク »)



○お問い合わせ先
  サイバーソリューションズ株式会社  

  戦略マーケティンググループ 土本 功

  〒104-0033? 東京都中央区新川2-20-7? TOKOH BLDG

  Tel. 03-5542-2710? Fax. 03-5542-2711

  E-mail: mrk@cybersolutions.co.jp

                                                                以 上


本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?