株式会社パイプドビッツ、マネジメントシステム関連認証を更新、継続

株式会社パイプドビッツ 2008年01月28日

 「データベースの銀行」を事業コンセプトにアプリケーション・サービス(ASP)事業を行なう株式会社パイプドビッツ(本社:東京都港区 代表取締役社長兼CEO:佐谷宣昭、以下パイプドビッツ)は、2008年1月18日付でマネジメントシステム関連の認証を更新、または継続いたしました。

 当社は、クライアント企業様の顧客情報をデータベース化し、各種メール配信、Webアンケート、お問合せの管理など、マーケティングツールとしてお使いいただけるASPサービス「スパイラル・メッセージングプレース」を提供しております。クライアント企業様が安心して情報を預け、また運用していただけるよう、当社では2005年にマネジメントシステム関連の認証を取得し、以来、情報セキュリティ体制や品質管理体制の強化に努めながら社員教育に力を入れてまいりました。

 今後も、安全かつ質の高いサービスを提供できるよう、継続的に各マネジメントシステムの有効性を高めてまいります。

■更新または継続となったマネジメントシステム関連認証
1.情報セキュリティマネジメントシステム
【更新】
規格    :ISO/IEC 27001:2005/JIS Q 27001:2006
認定スキーム:UKAS/JIPDEC
認証登録番号:IS 90515
認証登録範囲:ASP事業における企画、開発、保守、サポート及び販売業務
審査機関  :ビーエスアイマネジメントシステムジャパン(株)

 当社は、2005年3月に情報セキュリティマネジメントシステムに関する英国規格である「BS 7799-2:2002」および国内規格である「ISMS認証基準Ver.2.0」認証を取得し、2007年1月に、国際規格である「ISO/IEC 27001:2005」および国内規格である「JIS Q 27001:2006」認証へ移行いたしました。


2.ITサービスマネジメントシステム
【継続】
規格    :ISO/IEC 20000-1:2005/JIS Q 20000-1:2007
認定スキーム:itSMF/JIPDEC
認証登録番号:ITMS 513019
認証登録範囲:ASP事業における保守、サポート業務
審査機関  :ビーエスアイマネジメントシステムジャパン(株)

 当社は、2005年12月にITサービスマネジメントシステムに関する英国規格である「BS15000-1:2002」を取得し、2007年1月に、国際規格である「ISO/IEC 20000-1:2005」認証へ移行いたしました。また、2007年5月に、「JIS Q 20000-1:2007」認証を追加取得いたしました。


3.品質マネジメントシステム
【継続】
規格    :ISO 9001:2000
認定スキーム:UKAS
認証登録番号:FS 501308
認証登録範囲:ASP事業における企画、開発、保守、サポート及び販売業務
審査機関  :ビーエスアイマネジメントシステムジャパン(株)

 当社は、2005年12月に品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 9001:2000」認証を取得いたしました。

 各認証の詳細については、以下のサイトをご参照ください。
  (リンク »)

■お問合せ
(1)パイプドビッツ マネジメントシステムに関するお問合せ
   担当:法務・コンプライアンス統括部 青木

(2)取材・掲載記事についてのお問合せ
   担当 社長室 会澤

(1)、(2)共通
株式会社パイプドビッツ
東京都港区元赤坂1丁目1-7 赤坂モートサイドビル(受付1F)
TEL:03-5771-6931(平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く))
オンラインでのお問合せ: (リンク »)

パイプドビッツ ホームページ  (リンク »)
スパイラル・メッセージングプレース サービス情報サイト  (リンク »)

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パイプドビッツの関連情報

株式会社パイプドビッツ

株式会社パイプドビッツの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!