アイログ、AdobeFlex3専用のアドオン型可視化製品ILOGElixir1.0を発売開始

RIAを作成するAdobeFlexおよびAdobeAIRを補完 アドビストアならびにアドビ製品取り扱い代理店、アイログのOEM提供を通じて販売

アイログ株式会社 2008年02月26日

ビジネス・ルール管理、最適化、可視化技術で企業の迅速な意思決定を
支援するアイログ社の日本法人であるアイログ株式会社(本社:東京都
千代田区 代表取締役社長:ブンタラ・イング、以下アイログ)は本日、
Adobe(R)Flex専用の可視化グラフィクス製品ILOGElixir1.0(R)の出荷
開始を発表しました。アイログとアドビシステムズ社間で締結された
リセラー契約に基づき、ILOGElixir1.0は3月14日よりアドビシステムズ社
を通じて一般向けに販売されます(アドビストア価格96,000円(税別))。
さらに、アイログがOEM提供を行うISV(独立系ソフトウェア・ベンダ)に
対しても、アイログのセールスおよびサポート部門を通じて提供されます。

ILOGElixir1.0は、AdobeFlex3およびAdobe(R)AIR(R)(AdobeIntegrated
Runtime)を使用したブラウザおよびデスクトップ用に、ビジネスに不可欠な
複雑なリッチ・インターネット・アプリケーション(RIA)の迅速な作成を可能
にします。2D・3Dチャート、レーダーチャート、スケジュール表示、ダッシュ
ボード用の世界地図、組織図、視覚的分析に適したツリーマップ、ダッシュ
ボードなど最新のアプリケーションに欠かせないグラフィカルな表示に対する
ニーズを満たすように設計されており、様々な用途に使用できます。
ILOGElixir1.0は7個のコンポーネントで構成されています。その中の1つ、
ゲージ/ダイヤル専用の新コンポーネントではドラッグ・アンド・ドロップに
よる簡単なインタフェース設計が可能で、特殊なゲージを作成するための
高度な専用フレームワークにより、ビジネス・ダッシュボードの外観や動作
を自由にカスタマイズすることもできます。なお、ILOGElixirは昨年10月の
発表以来( (リンク ») )
ベータ版が提供されており、AdobeFlexコミュニティで高い評価をいただい
ています。

AdobeのFlex担当グループ製品マーケティング・マネージャであるデイブ・
グルーバー(DaveGruber)氏は、「当社とアイログとの協業は、RIAのエコ
システムの価値をさらに高めることになるでしょう。ILOGElixirが提供する
高度なユーザ・ディスプレイやグラフィクス・データ・コンポーネントによって、
AdobeFlexやAdobeAIRを使用する企業や開発者は、非常に魅力的な
アプリケーションを、ブラウザやデスクトップ、OSにいたる広い範囲で構築・
配備することができます」と述べています。

ILOGElixirの主な特長
新しいゲージ/ダイアル・コンポーネントに加え、ILOGElixir1.0には、次の
6つのグラフィクス・データ表示コンポーネントが含まれています。
*3Dチャート:対話操作が可能で、正投影、斜投影、積み重ねなどの描画
が可能な、折れ線グラフ、面積グラフ、棒グラフ、パイチャートなど40種類
以上の設定が組み込まれています。
*世界地図:全世界、大陸、および国の地図があらかじめ用意されており、
場所に重点を置くダッシュボード用の地図を簡単に作成できます。カラー・
コーディングの実行や、地図上にカスタム化したオブジェクト(対象物)を
チャートとして重ね合わせること、またカスタム・マップ・インポートも、
クリック1つで実行できます。
*レーダーチャート(別名スパイダーチャート、キビアット図、Webチャート):
関連性の低い特定の要素複数を表示して比較することができます(例:
ソフトウェアの信頼性、美観性、対応性、および互換性の比較など)。
*組織図:従業員のデータベースをもとに、企業のヒューマン・リソースを
対話操作可能なリッチ・アニメーションで表示し、インタラクティブに
わかりやすく表示します。
*ガント・チャート:長期間にわたる様々なリソースの計画を一目でわかる
ように表示することができます。タスクの再スケジュールもわずかなクリック
で簡単に実行できます。
*ツリーマップ:トレンドの分析と発見、ロー・データ・セットの異常値検出に
非常に便利なグラフィックです。ILOGElixirのツリーマップはグラフィカル・
ピボット・テーブルとして、ドリルダウン機能がビルトインで提供されます。

設計および開発の生産性をよりいっそう高めるために、ILOGElixirは
AdobeFlexBuilder(TM)と統合することができます。AdobeFlexBuilderは
Eclipse(TM)ベースの開発ツールで、AdobeFlexのアプリケーション開発を
加速します。AdobeFlexBuilderを使用する開発者は、ILOGElixirコンポー
ネントのドラッグ・アンド・ドロップ操作が可能で、プロパティ・マネージャ
機能を使って表示と動作を設定することができます。

ILOGElixir1.0の発売によりアイログは、ますます需要が高まりつつある
RIA作成において、より開発者の声に応えた描画機能を提供していきます。
詳細は (リンク ») をご覧ください。


ILOGElixir1.0概要
*発売日:2008年3月14日(アドビストアでは2月26日より予約開始)
*販売方法:①アドビストア( (リンク ») )および
 全国のアドビ製品取り扱い企業、販売代理店
 または②アイログによるOEM提供
*価格:①96,000円(税別:アドビストア価格)
   ②個別見積もり
*ILOGElixirは完全日本語化製品

アイログの可視化製品について
アイログは、洗練されたインタラクティブなユーザ画面を作成するための、
高機能な可視化ツールキットを、Flex、Java(tm)、.NET、C++によるグラフィ
クス・ライブラリおよびコンポーネント形式で提供しています。アイログの
可視化製品では、膨大な量の複雑なデータをよりわかりやすく、また管理
しやすく表示できるため、企業/組織の意思決定を加速するとともに、判断
能力を強化します。同製品群はいずれも、開発時間をスクラッチからの
開発に比べて、50パーセントから80パーセント節減することができます。
アイログはOpenAjaxAllianceの会員企業であるとともに、グラフィクス業界
において複数の技術標準イニシアティブに参加しています。中でもW3C
(WorldWideWebConsortium)のスケーラブル・ベクタ・グラフィクス(SVG)
技術標準委員会ではアイログが共同議長を務めています。製品の詳細に
ついては、 (リンク ») をご覧ください。

*ILOG、ILOGElixirはILOGの登録商標です。AdobeならびにAIRは、
AdobeSystemsIncorporated(米国アドビシステムズ社)の米国ならびに
その他の国における商標または登録商標です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!