「携帯電話端末における不具合の現状」を販売開始

~日々、発表される不具合今後も不具合発生は増加見込み~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年04月11日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)がレポートにまとめた「携帯電話端末における不具合の現状」の販売を開始します。

報道関係者各位
 
平成20年4月11日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
   「携帯電話端末における不具合の現状」を販売開始
 
      ~日々、発表される不具合今後も不具合発生は増加見込み~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
■■ 要約 ■■
 
インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、モバイル・マーケティング・レポートの企画・制作を行うエムレポート(代表 大門 太郎)がレポートにまとめた「携帯電話端末における不具合の現状」の販売を開始します。
 
詳細ページ: (リンク »)
 
 
■■ 調査概要 ■■
 
●不具合はソフト更新サービスで対応
携帯電話端末の高機能化や相次ぐ新規端末の市場投入などに伴い、近年では端末におけるソフトウェアの不具合などによるトラブルが多発傾向にあります。ただ、携帯電話事業者各社もソフト不具合に手をこまねいているだけでなく、ソフト更新サービスの提供を開始しています。
 
●電池パックの不具合は影響大
携帯電話端末における不具合にはアプリケーションや通話、メール、着信音など、さまざまなものがあります。ただ、これらの不具合は人体に被害を及ぼさず、ソフトウェア更新サービスの実行中に端末が利用できなくなるのみです。そのためNTTドコモやソフトバンクモバイルでは予約更新機能を提供しており、ユーザがソフト更新の時間を自由に設定できます。
 
 
■■ キーワード ■■
 
◆事業者はソフト更新を提供!!
すでに携帯電話事業者各社は携帯電話端末における不具合にソフトウェア更新サービスを提供しています。ユーザはソフト更新サービスを利用することにより店頭へ出向くことなく端末の不具合を修正することができます。
 
◆増加傾向にある不具合件数!!
今後も携帯電話端末の高機能化や開発期間の短縮化などが続く限り、不具合発生件数の沈静化も見込めそうにもない状況です。そのため今後は不具合の少ない端末メーカという選択肢が、ユーザに芽生えるかもしれません。
 
◆電池パックの不具合で火傷!!
2008年3月に発表された京セラ端末「W42K」における電池パックの不具合ではユーザが火傷を負うなど人的な被害が出ました。充電中の電池パックが破裂/発火するなど深刻な事態に陥りました。
 
 
■■ 「2.携帯電話端末における不具合件数の推移」より ■■
 
●増加傾向にある不具合件数
2007年9月以降に関し、携帯電話端末の不具合発表は途切れることなく続いています。もちろん8月以前にも、こうした不具合発表は行われており、今もなお不具合が頻発している状況です。2008年1月には一時的に2件の不具合発表にとどまりましたが、2月以降は急拡大しています。急拡大した背景には、KDDI(au)の「KCP+」搭載端末の第1弾シリーズである「W56T」「W54S」「W54SA」の不具合が大きいと言えます。これらの不具合発表のみでも4件を占めており、共通プラットフォーム開発の困難さが伺えます。
 
 
■■ 目次 ■■
 
要約
キーワード
 
1.市場概況
 不具合はソフト更新サービスで対応
  表:事業者各社のソフトウェア更新サービスの比較
 電池パックの不具合は影響大
 
2.携帯電話端末における不具合件数の推移
 増加傾向にある不具合件数
  図:事業者別の不具合発表件数の推移(2007年9月~2008年3月)
  表:事業者別の不具合発表件数の推移(2007年9月~2008年3月、
    単位:件)
  図:事業者別の不具合機種数の推移(2007年9月~2008年3月)
  表:事業者別の不具合機種数の推移(2007年9月~2008年3月、単位:台)
 ソフト更新機能の認知度は40%強
 
3.NTTドコモの動向
 2008年の3ヶ月だけでも11件(19機種)の不具合を発表
  表:NTTドコモ端末における不具合発生状況(2008年1月~3月)
  表:NTTドコモ端末におけるメーカ別の不具合発生状況(2008年1月~3月)
 2007年に26件(46機種)の不具合を発表
 人気シリーズに不具合多しなど
 
4.KDDI(au)の動向
 不具合の多さはKCP+搭載端末シリーズが影響
 表:KDDI(au)端末における不具合の状況(2008年1月~2008年3月)
 表:KDDI(au)端末におけるメーカ別の不具合発生状況(2008年1月~3月)
 2007年に18件(55機種)の不具合を発表
 不具合続くW56T/W54S/W54SAなど
 
5.ソフトバンクモバイルなどの動向
 不具合の少ないソフトバンクモバイル端末
  表:ソフトバンクモバイル端末における不具合の状況(2007年1月
     ~2008年3月)
 08年3月に822Pの不具合を発表
 08年2月に920SCの不具合を発表など
 
6.リチウム・イオン電池を巡る動向
 総務省の動向
 NTTドコモの動向
 KDDI(au)の動向など
 
7.関連リンク
 
 
■■ 概要 ■■
 
商 品 名:携帯電話端末における不具合の現状
発 刊 日:2008年4月
発   行:エムレポート
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版47頁〔PDF資料〕
頒   価:36,750円(税抜 35,000円+消費税 1,750円)
 
詳細ページ: (リンク »)
 
 
【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。
 
 
■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■
 
・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp
 
 
■■ この件に関するお問い合わせ ■■
 
〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR