ループス、メタフェイズが共催セミナーを開催。 ユーザー参加型マーケティングを活用したコミュニケーション手法をご紹介します

株式会社ループス・コミュニケーションズ 2008年06月16日

株式会社ループス・コミュニケーションズ(代表取締役:斉藤 徹 本社:東京都品川区、以下、ループス)、および株式会社メタフェイズ(代表取締役社長:城野 誠大 本社:東京都新宿区、以下、メタフェイズ)は、「ユーザー参加型メディアを活用したブランディング」~ブランドを醸成するためのコミュニケーションとは~をメインテーマに、共催セミナーを実施いたします。

株式会社ループス・コミュニケーションズ(代表取締役:斉藤 徹 本社:東京都品川区、以下、ループス)、および株式会社メタフェイズ(代表取締役社長:城野 誠大 本社:東京都新宿区、以下、メタフェイズ)は、「ユーザー参加型メディアを活用したブランディング」~ブランドを醸成するためのコミュニケーションとは~をメインテーマに、共催セミナーを実施いたします。

日程:2008年7月10日(木)14:00~16:25(受付開始13:30)
場所:AKIHABARA UDX
東京都千代田区外神田4-14-1 南ウィング6F
( (リンク ») )
※JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分

詳細・お申し込みはこちら
(リンク »)

ユーザー参加型マーケティングの登場で、企業活動のあり方は今大きく変わろうとしています。CGMしかり、バズマーケティングしかり、各社では、クチコミによるマーケティングの効果を認識し、積極的に取り入れる傾向にあります。そんな状況にあって、今、注目を集めているのが、ソーシャル・マーケティングと呼ばれるマーケティング手法です。ソーシャル・マーケティングとは、企業の利潤のみを追求するというマーケティングから、環境保全や人々の健康促進といった何らかの社会的利益への還元を取り入れたマーケティング手法ですが、ここに来て、この輪がさらに広がる様相を呈しています。つまり、生産者、販売者、消費者が三つ巴で企業活動を実施していくことで社会的利益を創出しようとする「ユーザー主体」のマーケティングの取り組みです。
ユーザーは、もはや単なる「顧客」ではありません。企業のソーシャル・マーケティング活動を支える最も大きな原動力となりつつあります。今回のセミナーでは、マーケティング新時代におけるユーザー主体の企業活動を実現するマーケティングの実施方法から、そのブランディング効果までを、企業WEBサイト構築を通じたブランディングに実績のあるメタフェイズとビジネスSNS構築のリーダーであるループスが具体的展開方法について講演いたします。

■日程:2008年7月10日(木)14:00~16:25(受付開始13:30)

■会場:
AKIHABARA UDX
東京都千代田区外神田4-14-1 南ウィング6F
( (リンク ») )
※JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分

■参加費:無料

■定員:50名
定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
同業他社様の参加はご遠慮いただきます。

■講演内容:
一部:「WEBコミュニティを活用したブランドの醸成」
・企業ブランドを醸成させるためのアプローチ
・ソーシャルメディア(ユーザ参加型WEBサイト)の有用性
・狙うべきターゲットとは?

講師:株式会社メタフェイズ 取締役 祖上 仁

二部:「ペルソナを発見し顧客との絆を深める ソーシャル・マーケティング」
・ペルソナ・インサイト抽出による新たなマーケティング手法とは
 ~海外の成功事例ご紹介~
・具体的展開例として「ブログからのバズ抽出」
・顧客とともに成長する「ソーシャル・マーケティング」

講師:株式会社ループス・コミュニケーションズ
代表取締役社長 斉藤 徹
講師:株式会社ワールド・カフェ
代表取締役社長 笠原 造

■主催:
株式会社メタフェイズ、
株式会社ループス・コミュニケーションズ

■ アクセスに関する情報
本セミナーの詳細・お申し込みはこちら
(リンク »)
ループス・コミュニケーションズのウェブサイト
(リンク »)
お問い合わせ
info@looops.net

■ ループス・コミュニケーションズについて
株式会社ループス・コミュニケーションズは、「ソーシャル・メディアの創造」を企業使命として2005年7月に創業したテクノロジーベンチャーです。ウェブが劇的に変化し、情報を発信するユーザーが新たな時代の主役となりつつある中、 「すべてのウェブをユーザー参加型へと進化させる」ことを目指し、ビジネス機会の最大化を支援しています。ループスは、大手企業を中心に60社を超える企業に豊富な経験と実績に基づいた最適なソリューションを提供しており、SNS構築実績は、CtoC、BtoC、BtoB、BtoEと多岐にわたっています。

2007年には、株式会社ニッセン(代表取締役: 片山 利雄 本社:京都市南区)の運営する大規模コマース「ニッセンオンライン」向けにソーシャル・コマース・サイト「ハピテラ」を構築・運用開始した他、NTT番号情報株式会社(代表取締役:中田昭雄 本社:東京都港区)の運営する「iタウンページ」向け地図連動型コミュニティサイト「みんながつくる街」を構築・運用開始。さらに2008年3月にはナレッジマネジメント、グループウェア、Web2.0の取り組みを融合させたSaaS型エンタープライズ2.0「iQube」を開発、サービス開始するなど、開発力、ソリューション力ともに高い競争力を有しています。

会 社 名: 株式会社ループス・コミュニケーションズ( (リンク ») )
本  社: 東京都品川区西五反田8-7-11 アクシス五反田ビル 3F
代 表 者: 代表取締役 斉藤 徹
設  立: 2005年7月
資 本 金: 237百万円(2007年8月31日)
事業内容: ソーシャル・ネットワーキングのASPサービス、ソーシャル・ネットワーキングのシステム受託開発、ビジネス・コンサルティング

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ループス・コミュニケーションズ マーケティング
TEL: 03-5719-5106 FAX: 03-5719-5116
EMAIL:info@looops.net
URL: (リンク »)
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-7-11 アクシス五反田ビル3F

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ループス・コミュニケーションズの関連情報

株式会社ループス・コミュニケーションズ

株式会社ループス・コミュニケーションズの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!