編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

社内ブログやSNSをうまく使って部署の壁を越えたネットワークを作る

後藤康成

2010-03-16 15:00

(編集部より:連載「ITコミュニケーションのお作法」では、主に新社会人に向け「仕事」としてメールやウェブサービスを使っていく際の心構え、ツールの紹介などを7回にわたって掲載する。筆者の後藤康成氏は、3月1日にスタートした「feedpath Rooms」などのウェブサービスを提供するフィードパスのCTOである。前回の記事はこちら

 この連載では、主に企業内コミュニケーションに使われるITツールについて、機能別の特徴を紹介している。今回は、企業で利用する「ブログ」や「SNS」について見ていこう。

 ブログは2004年ごろから、かつての「ホームページ」に代わる、個人向けの情報発信サービスとして普及し始め、今では個人の情報発信プラットフォームとしての地位を確立している。日常的に起こったことを書いている日記形式のブログから、特定のジャンルにフォーカスした情報を発信しているブログまで、ブログのテーマは千差万別である。

 ブログのブームとほぼ前後して登場した「mixi」や「GREE」などのSNS(ソーシャルネットワークサービス)も、その後日本のインターネットを席捲した。「Facebook」や「MySpace」といった米国発のSNSも、ワールドワイドに普及しており、現在では日本での利用者も多い。

 ブログとSNSの違いを簡単に表すとすれば、ブログは「個人」の情報発信プラットフォームであり、SNSは「個人と個人のネットワーク」を構築するプラットフォームだと言えるのではないだろうか。

 ブログが、各「エントリ(記事)」に対する「コメント」と「トラックバック(ブログのエントリから、関連する他のエントリにリンクしたことを通知する機能)」で、エントリを中心とした情報の連関を構成するのに対し、SNSでは「個人」と「個人」のつながりから様々な情報交換が行われる。「個人」のつながりは、様々なテーマについてのコミュニティを生み、活発な情報発信や情報交換が行われる。

 ネットサービスの特徴として、コンシューマーで火がついたサービスは、コンシューマーでの普及後に、ビジネス分野向けに利用される傾向がある。ブログやSNSも例外ではなく、個人向けブログ、SNSが普及した2年後の2006年頃から、「企業向けブログ」が登場している。

 企業向けブログには、企業のコーポレートサイトなどのウェブサイトを構築し、顧客に向けた情報発信として利用する「マーケティングブログ」と、従業員向けの情報発信、情報共有ツールとして利用する「社内ブログ」がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]