「特定電子メール法セミナー」開催のご報告

株式会社パイプドビッツ 2008年07月18日

株式会社パイプドビッツは、2008年7月17日(木)に『特定電子メール法セミナー』を開催いたしました。

情報資産管理ASP/SaaS「スパイラル・メッセージングプレース(R)」を提供する株式会社パイプドビッツ(代表取締役社長:佐谷宣昭 本社:東京都港区元赤坂)( (リンク ») )は2008年7月17日(木)に『特定電子メール法セミナー』を開催いたしました。

今回のセミナーには、100名を超えるお客様にご来場いただき、総務省の方をお招きして「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(特定電子メール法)」改正の概要について理解を深めるほか、適正な電子メールの送信方法等についてご案内いたしました。

参加者からは、「名刺交換で電子メールアドレスを取得した場合は、同意を得なくても電子メールを送信できると捉えられるのか」、「過去取得した電子メールアドレスについては、改めて送信の同意を取得する必要があるのか」など積極的に質問が挙がり、オプトイン方式の実運用に対する関心の高さが窺えました。

次回の「特定電子メール法セミナー」の開催は9月を予定しております。
当社では、今後もセミナー等を通じてお客様の電子メール送信の実運用をサポートして参りたいと存じます。


≪セミナー概要≫

■第1部:「改正特定電子メール法」の概要~オプトインとは?~
      講師:総務省 内閣官房消費者行政一元化準備室 参事官補佐 扇 慎太郎氏

第1部は、総務省の扇慎太郎氏に「特定電子メール法」改正の背景や、法の実効性の強化等についてお話いただきました。
その中でも特に、本改正で導入される、受信者の同意を得ていない広告・宣伝メールを規制する「オプトイン方式」の内容とその効果について詳細にお話いただきました。


■第2部:メールを確実に届けるために~スパイラル活用術~
      株式会社パイプドビッツ カスタマー事業部 テクニカルサポート部 和田 崇

第2部では、当社和田崇が、「オプトイン方式」に対応した当社サービスの運用方法や、適正な電子メールの送信方法等についてご提案いたしました。


<本件に関するお問合せ先>

株式会社パイプドビッツ

□セミナーに関するお問い合わせ
セミナー事務局 担当:和田、西山

□その他のお問い合わせ
広報部 担当:青木、三枝

受付時間:平日10:00~18:00(12/28~1/3を除く)
TEL:03-5771-6931
E-mail:pr@pi-pe.co.jp


<企業情報>

会社名 株式会社パイプドビッツ(マザーズ3831)
(リンク »)
本社  東京都港区元赤坂1丁目1番7号
代表者 代表取締役社長 佐谷 宣昭
事業内容 アプリケーション・サービス事業

このプレスリリースの付帯情報

セミナー風景

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社パイプドビッツの関連情報

株式会社パイプドビッツ

株式会社パイプドビッツの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR