【株式会社ウェブキャリア】 人気コンテンツ!!Webエンジニアの生き方にスポットを当てた「Webエンジニア武勇伝」 ~祝!第30回! 倉貫義人氏~を公開!

※本日8月25日は倉貫氏による無料セミナーです!!定員までのこりわずか!まだ間に合います!http://www.web-career.com/seminar/rails_2008_0825.html

株式会社ウェブキャリア 2008年08月25日

「Webエンジニア武勇伝」記念すべき第30回のゲストはXPJapanUsersGroup(XPJUG)の会長!TIS株式会社の倉貫義人氏!!TISの中でも最も優秀だと言われるスーパーハッカーの素顔に迫る!! ※本日8月25日は倉貫氏による無料セミナーです!!定員までのこりわずか!まだ間に合います!http://www.web-career.com/seminar/rails_2008_0825.html

武勇伝第30回記念!今回、武勇伝のゲストにお招きしたのは、TISの倉貫義人氏。

倉貫さんは、TISの中でも最も優秀なエンジニアの一人と言われるトップエンジニアで、XPJapanUsersGroup(XPJUG)の会長も務めておられます。( (リンク ») )倉貫さんは、従来のウォーターフォール型の開発における弊害や問題点を通じて、XPやアジャイルといった開発に目覚めた過程や思いをじっくりと語っていただきました。


そんな彼のインタビューを是非ご覧ください!!



◇◆今回の武勇伝はこちら!◆◇
(リンク »)

是非ご覧ください!!



↓↓↓実際の記事はこんな感じでした↓↓↓
____________________________________________________________________

<TISへの入社ついて語るシーンにて>
大学のコンピュータの勉強をしているうちにオブジェクト指向に出会ったんです。それまではプログラムを作ることだけが楽しみでやってきたんですけど、オブジェクト指向って設計の考え方なので、単にプログラムだけじゃないところに目を開かせてくれて、この言葉に出会った瞬間に・・・・


<XPの実践ついて語るシーンにて>
3年目くらいだったか、自分がプロジェクトリーダーになってXPを全面的に採用してプロジェクトを半年くらいでやり遂げて、そこそこ成功と言われるプロジェクトだったので、やっとコミュニティで発表できる事例ができたと思って、オブジェクト倶楽部という平鍋さんがやっているイベントに・・・・

____________________________________________________________________


◆◇続きはWebエンジニア武勇伝にて!!◆◇

→ (リンク »)

ぜひ、ご覧下さい!!



Webの仕事をしたい方はコチラ!
↓    ↓    ↓

”Webの仕事が盛りだくさん”Webに特化した転職支援会社
株式会社ウェブキャリア: (リンク »)
------------------------------

☆★Ruby on Rails Summer Festival 2008開催中☆★
(リンク »)
本日8月25日は倉貫氏による無料セミナーです!!
定員までのこりわずか!まだ間に合います!

------------------------------
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ウェブキャリア Webマーケティング部
担当:塩沢 美由紀 
TEL:03-6202-0271
e-mail:shiozawa@web-career.com

関連URL: (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ウェブキャリアの関連情報

株式会社ウェブキャリア

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!