コンサルなしで監査報告書を自動作成 「bv-Control」に「IT統制運用報告書セット」を無償バンドル

株式会社網屋(AMIYACorporation) 2008年08月27日

株式会社網屋 (東京都中央区、代表取締役 伊藤 整一)は、各種監査情報をエージェントレスでOSレイヤから取得するセキュリティ監査ツール「bv-Control (ビーブイ・コントロール)」に、監査報告書を自動的に作成できる 「IT統制運用報告書セット」を8月27日の出荷から無償バンドルすることを発表いたします。

「bv-Control」は、あらかじめ用意された監査項目(COBIT※に準拠)を選択するだけで、「アカウント監査」「アクセス権限監査」「ログ監査」など、必要な監査情報を収集することが可能です。これに加えて、今回の「IT統制運用報告書セット」は報告書のテンプレートや実行セットを一式提供するもので、収集した監査情報をシステム運用報告書として、まったく手間をかけずに自動的にレポート化することができます。


企業の情報システム部門や内部監査室の多くは、新たに課されたIT統制対応に関するノウハウの蓄積が十分でなく、人的リソースも不足していることから、運用報告書作成など監査の対応に、コンサルティングサービスが不可欠と考えています。
これに対して、今回網屋が提供する「IT統制運用報告書セット」は、コンサルティングなど知識、ノウハウを必要とせず、予め用意された「IT統制運用報告書セット」を導入時に設定するだけで、運用の証明書を定期的に自動作成させます。これにより、増大した情報システム部門の負担を大幅に低減させることができます。
「IT統制運用報告書セット」は、経済産業省のガイドラインやCOBITのガイドラインに沿って、どのような基準に沿って、具体的に何をするべきか、どこから何をどう取るべきか、それによりどういうリスクを回避できるのかなどを事前に定義しており、合わせてその内容を自動的に収集+レポート化するための実行セットが含まれています。


「bv-Control」は、米シマンテック社の製品で、網屋は、前身のBINDVIEW社製品の段階から日本市場における全ての販売・サポートを提供しています。全世界で5,000社以上、国内でも350社以上の販売実績がありセキュリティコンプライアンス市場におけるデファクトスタンダードとされる製品です。
今回のオプションは、「bv-Control」の長年の導入実績と複数の大手企業を対象にIT統制のコンサルティングを行ってきた経験・ノウハウと活かして、網屋が独自に開発し提供するものです。
網屋は、今回のオプション提供により「bv-Control」の販売をさらに加速させ、2010年までに新たに200社への導入を見込んでいます。


_________________________
◆ 今回提供する「IT統制運用報告書セット」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今回のセットを使用することにより、以下の3つから構成される報告書を自動的に作成できます。
(1) 実施基準(監査の方針と監査すべき内容)
(2) 実施手順(具体的な監査項目)
(3) 出力(監査の結果)


※各報告書の作成サンプルを以下でご覧いただけます。
(リンク »)

_________________________
◆ 提供開始時期などについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇ 提供開始: 2008年8月27日

※bv-Controlのオプションとして無償バンドルします。
※保守契約を締結しているbv-Controlの既存ユーザにも無償で提供します。


◇ bv-Controlの販売価格(税別)は以下のとおりです。

(1) マネージャコンソール(管理者用ソフト) 700,000円

(2) 監査対象ライセンス費用
サーバ    
1~9サーバ     125,000円 / サーバ
10サーバ以上   110,000円 / サーバ

クライアント
1~99クライアント 5,000円 / クライアント
100クライアント以上 4,000円 / クライアント


_________________________
◆ bv-Control主な新機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1) エージェントレス
監査対象にエージェント(常駐ソフト)を必要としないので、以下のようなメリットがあります。
・すぐに実装可能。モジュール設置作業も必要なし。
・対象側のマシンが重くならない。
・対象側のマシンの機器交換時にエージェント再設置の必要がない。
・エージェント自体のメンテナンスやアップデート再配布の必要がない。


(2) 豊富な標準クエリ
あらかじめ用意された監査項目を選択するだけで、監査の定義ができます。
これらは、IT管理のプロセスごとに必要なマネジメントを定義したガイドライン「COBIT (Control Objective for Information and related Technology) 」に準拠し、汎用的に監査が行われる項目を抽出しています。


(3) 充実したレポート出力
一度セットすれば、自動で定期的に監査レポートが作成可能です。


※ bv-Controlの処理概念図など詳細は以下をご参照ください。
(リンク »)

_________________________
◆稼動環境
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇マネージャサーバ(管理サーバ)
 CPU  : Pentium4 2.4Ghz以上 (推奨Xeon3.0Ghz以上)
 メモリ: 1GB (推奨2GB以上)
 HDD  : 20GB以上
 OS  : Windows Server 2000、Windows Server 2003/2003R2、Windows XP

◇監査対象サーバ/クライアント
Windows NT / 2000 / 2003 / 2003R2 / XP-pro / Vista
※エージェントレスなので、ハードウェアスペックは不問です。

_____________________
■ 株式会社網屋について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
1996年12月に設立された株式会社網屋は、企業の内部統制に関わる業務をトータルに支援するソリューションを提供しています。監査製品の販売をキーに総合的なコンサルテーションやセキュリティシステムの構築運用支援まで幅広くビジネスを展開しています。

用語解説

※COBIT (Control Objective for Information and related Technology):IT管理のプロセスごとに必要な マネジメントを定義したガイドライン

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社網屋(AMIYACorporation)の関連情報

株式会社網屋(AMIYACorporation)

株式会社網屋(AMIYACorporation)の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!