VMware ESXi 対応「インターネットサーバ統合」運用管理・監視ツール 『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』 2008年10月販売開始

~ VMware ESXi ハイパーバイザーと インターネットサーバを一元管理 ~

株式会社クラスキャット 2008年09月01日

セキュアなLinuxサーバソフトウェア・仮想化ソリューションの企画・開 発・販売を行う株式会社クラスキャット(本社:東京都港区赤坂、代表取 締役社長:佐々木規行)は、VMware社の仮想化ソフト VMware ESXiに対応 した、「インターネットサーバ統合」環境向け運用管理・監視ツールの新 製品『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』を 2008 年10月より販売開始することを発表いたしました。

『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』は、VMware
ESXiハイパーバイザーの運用管理・監視を行う機能とRed Hat Enterprise
Linux をベースとするインターネットサーバ管理機能を統合した製品です。

VMware ESXi 仮想化アプライアンスとして動作させることも可能で「イン
ターネットサーバ統合」環境で最大限に威力を発揮します。


本日発表した『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』
は、2008年9月より販売を開始するXenハイパーバイザー対応版『ClassCat
Cute(R) VM-X Manager Enterprise Edition v5.0』に続く『ClassCat Cu-
te(R) VM Manager シリーズ』の第2弾の新製品です。

『ClassCat Cute(R) VM Manager シリーズ』は下記のとおり二つのライン
アップとなります:

Xen対応版:
『ClassCat Cute(R) VM-X Manager Enterprise Edition v5.0』
VMware ESXi対応版:
『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』

『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』は、インタ
ーネット上の物理的に複数のハードウェアで稼動している Webサーバ、メ
ールサーバや DNS サーバなどを VMware ESXi を用いて「サーバ統合」し
た場合の低コストな運用管理ツールとして最適です。

VMware ESXi のホスト及び仮想マシン環境の運用管理・監視、更には仮想
化アプライアンスとして動作させた場合なども含め、ゲストOS上でインタ
ーネットサーバの管理を一元的に行うことが可能となります。

また、導入も容易で、専門的な知識を必要とせず、ブラウザだけで「イン
ターネットサーバ統合」環境を簡単に運用管理することができます。

『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』のインター
ネットサーバ管理機能は「ClassCat Cute(R) Server Manager」シリーズ
に準じており Cobalt の操作性を継承しております。
VMware ESXiハイパーバイザー管理としての主な機能は、 (1) ホスト管理
(2) 仮想マシン管理、 (3) 監視モニターに分割しております。

ホスト管理機能としては、ホストのシステム情報・リソース情報の取得、
各種ログファイルの閲覧、アカウント管理を可能としております。
仮想マシン管理については、基本的な操作、リソース再設定のほか、その
動作状況を監視し、異常が検知された場合には、電子メールで迅速な通知
を行います。

==================================================================
【製品概要】

『ClassCat Cute(R) VM Manager シリーズ』は、仮想化ソフトを利用して
構築された「インターネットサーバ統合」環境向けの運用管理・監視ツー
ルです。Xen 対応版及び、VMware ESXi 対応版を順次販売いたします。

Xen 対応版:
ClassCat Cute(R) VM-X Manager Enterprise Edition v5.0
(2008年9月販売開始予定)

VMware ESXi 対応版:
ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0

『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』のインター
ネットサーバ管理機能は、インターネットサーバ管理ツールとして既に実
績のある「ClassCat Cute(R) Server Manager シリーズ」をベースにして
おります。マルチ仮想サイトの運用が可能で、基本的なサービス(Web、
Mail、DNS、SNMP、Telnet、FTPなど)に加え「25番ポートブロック」、「
送信ドメイン認証」、「SPAM フィルタ」、SSL 暗号化通信 (「STARTTLS」
「SMTPS」、「POP over SSL」) などのメールセキュリティ機能も標準装備
しています。

◆『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』動作環境
ハードウェア : VMware ESXi が動作するハードウェア
ゲストOS : Red Hat Enterprise Linux 5.2 (Server)
推奨メモリ : 6 GB
推奨ディスク : 320GB x 2 (RAID#1構成推奨)
推奨ネットワーク : ギガビットイーサネット x 2

◆ 『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』販売概要
製品名 : 『ClassCat Cute(R) VM Manager Enterprise Edition v5.0』
販売時期 : 2008年10月
販売形態 : 直接販売・販売パートナー経由
販売価格 : オープンプライス
==================================================================
◆ お問合せ
本件に関するお問い合わせ先は下記までお願いいたします。

株式会社クラスキャット
〒107-0052 東京都港区赤坂 7-5-6
セールス・マーケティング本部 セールス・インフォメーション
E-Mail:sales-info@classcat.com
URL: (リンク ») & (リンク »)
==================================================================
※ ClassCat, ClassCat Cute は株式会社クラスキャットの登録商標です。
※ Red Hat ならびに Shadow Man ロゴは米国およびその他の国でRed Hat,
Inc.の登録商標若しくは商標です。
※ Linux は Linus Torvalds の商標です。
※ VMware、VMwareロゴは米国およびその他の地域における VMware, Inc
の登録商標または商標です。
※ その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商
標です。
==================================================================

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?