編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

クラスキャット、XenのHVM技術を基盤にした仮想化統合スターターキット提供

CNET Japan Staff

2007-06-26 19:23

 クラスキャットは6月26日、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)5」でサポートされた仮想化技術「Xen 3.0」のHVM(Hardware Virtual Machine)技術をベースとした「ClassCat仮想化統合スターターキット」の提供をホスティング事業者向けに開始したと発表した。

 同製品は、Xen 3.0のHVM技術による物理サーバの統合を容易に実現するため、物理サーバの統合に関するノウハウとインターネットサーバ管理ツール「ClassCat Cute Server Manager Enterprise Edition 4.5/5.0」をキットとして提供するもの。

 ネットサーバを複数運用管理している事業者は、同製品を利用することで、物理サーバを仮想環境へすばやく移行できるという。

 具体的には、Intel VT技術を利用可能なハードウェア上にRHEL5で提供されているXen 3.0のHVMを構築。ゲスト環境では、RHEL4/5を動作させ、それぞれのゲスト環境で構築されたネットサーバの管理ツールとしてCute Server Manager Enterprise Edition 4.5/5.0を利用し、物理サーバと同等の環境を構築できる。

 価格はオープン。同日から出荷を開始している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]