「OKWave」モバイルView版、米国携帯電話サービス「KDDI Mobile」の公式コンテンツに!

オウケイウェイヴ、海外展開に向け、携帯事業も積極的に発信

株式会社オウケイウェイヴ 2008年09月16日

http://mo.okwave.jp/ 日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任、以下 オウケイウェイヴ)の携帯電話向け閲覧サービス『OKWaveモバイルView版』が、KDDI America Inc.(KDDIアメリカ)が米国内で提供しているアメリカ唯一の日本人向け携帯電話サービス「KDDI Mobile」(http://www.kddimobile.com)の公式コンテンツとして2008年9月16日(米国時間9月15日)より採用されました。

『OKWaveモバイルView版』は、オウケイウェイヴが運営するPCサイト向けに提供している日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave( (リンク ») )」の1,600万件以上のQ&Aコンテンツをモバイル端末から閲覧できるサービスです(2006年9月14日よりサービス提供開始)。

オウケイウェイヴはモバイルQ&Aへの取組みを活発に進めており、質問回答の投稿が可能な「OKWave」iモード公式版を2007年7月17日にサービス開始し、2007年9月から2008年3月までの半年間で約150%の月間PV(ページビュー)数の伸びを示しています。今後、当社では「OKWave」のモバイル対応ならびにサービスの充実化をさらに図っていく考えです。

当社は2008年4月23日に「OKWave/英語版( (リンク ») )」、更に、同年6月11日に「OKWave/中国語版( (リンク ») )」を開設し、当社が掲げる2010年10言語、100カ国対応を目指し事業展開しております。また、本年度7月8日には、「OKWave」と、「OKWave/中国語版」、当社のパートナーサイト「教えて!北京五輪」の3サイトにて、“同時翻訳”を活用した「日中国際交流カテゴリー」を開設し、日本人と中国人の間で言語を気にせずQ&Aの実施が可能となっております。今回、KDDIアメリカの公式コンテンツとして「OKWave」のサービスを提供開始することで、モバイル分野においても「OKWave」の海外における認知度向上を図り、グローバルな事業展開の足がかりとします。

■OKWave「モバイルView」アクセス方法
トップページ>検索>OKWave
トップページ>ホビー>OKWave
トップページ>コミュニティ>OKWave

■対応機種:KDDI Mobile 6600-J (日本語対応機種)

■日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」について
(リンク »)
2000年1月オープンの日本初、最大級のQ&Aサイト。会員ユーザからの質問に、別の会員ユーザが回答する場を提供。ユーザの知識・経験・知恵を引き出してコンテンツを生成するCGMの仕組みはWeb2.0そのもの。「OKWave」の1,600万件以上のQ&Aコンテンツは120万人以上の会員ユーザをはじめ、毎月4,100万人以上の閲覧ユーザに利用されています。Q&Aコンテンツの質を管理するCVM(Contents Value Management)を追求した結果、大手ポータルサイトや企業のサポート部門等、80社以上がパートナーサイトとして「OKWave」を導入。また、質問回答の投稿が可能なiモード公式版、Q&Aの閲覧が可能なモバイル版(3キャリア対応)も提供しています。

■KDDI Mobileについて
(リンク »)
「KDDI Mobile」は、KDDI America Inc.(KDDIアメリカ)が米国で唯一の日系MVNOとして昨年より展開している在米日本人向けの携帯電話サービスです。日本への格安通話料金、24時間の日本語カスタマーサポート、日本語テキストメール・コンテンツなど、さまざまな形でお客さまのアメリカ生活を支援しています。現在、アラスカ州を除く全米49州に加え、国際ローミングによりカナダ、メキシコ、など約30カ国でも利用可能です。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000年1月にいちはやく「OKWave」として開設。更に、その運営ノウハウを応用し、拡大を続けるサポート市場を中心に、エンタープライズQ&Aソリューション「OKBiz」、FAQ作成管理ツール「OKWave Quick-A」やQ&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを展開。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社では初となる米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aへの課金市場の創出、本年4月23日にベータオープンした「OKWave」英語版を皮切りとした2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?