編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

MosP勤怠管理V3リリース

マインドが運営する業務アプリケーションオープンソースプロジェクトMosPがMosPフレームワークに対応したMosP勤怠管理V3をリリース

株式会社マインド

2008-11-10 07:00

MosP勤怠管理はメジャーバージョンアップを行ない、MosPフレームワークに対応した。
対応データベースにPostgreSQLを追加し、対応データベースはMySQLと合わせて2つになる。

機能面ではCSV出力に汎用性を持たせ、様々なデータを自由に出力できるようにするなど、
各所で操作性が向上した。

今回MosP勤怠管理で利用したMosPフレームワークは、今後のMosPアプリケーション全てに利用されて行く。
当面はMosP人事給与のMosPフレームワーク対応を行い、早期リリースを果たしていきたいと考えている。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]