MosP勤怠管理V3リリース

マインドが運営する業務アプリケーションオープンソースプロジェクトMosPがMosPフレームワークに対応したMosP勤怠管理V3をリリース

株式会社マインド 2008年11月10日

MosP勤怠管理はメジャーバージョンアップを行ない、MosPフレームワークに対応した。
対応データベースにPostgreSQLを追加し、対応データベースはMySQLと合わせて2つになる。

機能面ではCSV出力に汎用性を持たせ、様々なデータを自由に出力できるようにするなど、
各所で操作性が向上した。

今回MosP勤怠管理で利用したMosPフレームワークは、今後のMosPアプリケーション全てに利用されて行く。
当面はMosP人事給与のMosPフレームワーク対応を行い、早期リリースを果たしていきたいと考えている。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!