アシスト、全社員830人の勤怠管理システムにオープンソースのMosP採用

ZDNet Japan Staff 2012年08月21日 17時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースソフトウェア(OSS)の活用に強みを持つアシストが、OSSの勤怠管理システム「MosP V4」を導入する。約830人の全社員を対象にしたシステムで、9月に本稼働を開始する。MosPの開発を主導するマインドとアシストが8月21日に発表した。

 アシストでは、勤怠手続のペーパーレス化、各種申請のワークフロー化、勤怠情報の正確なデータ把握と現場への迅速なデータ提供などの課題を抱えていたが、マインドがカスタマイズして対応。さらに、MosP勤怠管理 V4をベースに、LDAPによるID連携、「スケジュール管理/営業支援システム」とのデータ連係、申請ワークフローの自動化といった機能を実現した。

 また、アシストではカスタマイズ機能の大半の著作権をマインドに譲渡している。アシストで人事総務部長を務める石川智子氏は著作権の譲渡について、「オープンソースの公開により、導入企業が増え、MosPの標準機能がより拡充することによって、弊社にとってもメリットが享受できると期待しています」とコメントしている。

 830人がほぼ同時にアクセスする勤怠管理システムということもあり、システム開発にあたっては、アシストが自社で提供する「PostgreSQL 技術支援サービス」を用いて同時アクセスに対応するためのチューニングも行っている。

 マインドが開発を主導するMosPは、オープンソースの人事給与・勤怠管理システム。2009年11月にはバージョン3.2.0がNTTファネットシステムズで採用されていた。MosP勤怠管理 V4は2011年9月に公開されている。

 アシストはOSSのサポートサービスを提供するだけでなく、自社での活用にも力を入れている。7月末には従業員用PC約950台のOSを「Ubuntu」に移行させた。2007年2月にはMicrosoft OfficeからOpenOffice.orgに全面移行、OSSのオフィスソフトを社内標準としていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算