オーケーライフ、『OKナレッジコミュニティ』発売

「デキる社員」のノウハウをインタビュー形式で共有するナレッジソリューション オウケイウェイヴが拡販

株式会社オウケイウェイヴ 2008年11月10日

株式会社オウケイウェイヴ(本社:渋谷区、代表取締役社長:兼元謙任)の持分方適用会社で、ゆるやかコミュニティサイト「OKライフ」を運営する株式会社オーケーライフ(本社:東京都港区、代表取締役社長:浅見公香)は、「OKライフ」運営ノウハウを元に、企業内の人材育成やナレッジ共有を図るナレッジソリューション『OKナレッジコミュニティ』を2008年11月10日より発売します。

『OKナレッジコミュニティ』は、社員がマイペースで回答できる「キャリア・インタビュー」機能により、社員個々のビジネス経験および暗黙知(行動原則・ビジネスノウハウ・情報源)を効果的に引き出すナレッジソリューションです。「キャリア・インタビュー」の内容は、社員ごとに用意した「年表」にて視覚的に俯瞰できます。従来型の研修レポートや業務日報では引き出しきれなかった社員各人の内面や成長過程を一覧することで、人材育成やキャリアプランの構築、最適な人材配置の立案に寄与します。
また、社員からの「キャリア・インタビュー」が蓄積されることで、自動的にナレッジベースに進化。社員個々の暗黙知を全社で活用できる集団知へとシフトさせることができ、業務効率化を実現します。
さらには、新卒・内定者へのサポートツールとして、メンターバンクおよび企業文化紹介サイトとしても活用できます。
この他、プロジェクトや組織ごとに簡単に構築できる「ナレッジ共有ページ」機能を搭載。オウケイウェイヴが運営する日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」に蓄積された1,700万件以上のQ&Aナレッジから、最適なナレッジを「ナレッジ共有ページ」ごとに厳選して提供します。

『OKナレッジソリューション』の販売は、社内Q&AナレッジコミュニティやFAQソリューションの豊富な導入実績をもつオウケイウェイヴが中心に拡販を行います。

■『OKナレッジコミュニティ』導入形態
・OKナレッジコミュニティ・アプライアンス・サーバー
・OKナレッジコミュニティ・ASP
・OKナレッジコミュニティ・ライセンス版
・OKナレッジコミュニティ・フル・インテグレーション

■株式会社オーケーライフについて
(リンク »)
OKライフが目指すものは、生きる道を照らす 「人生の灯台」 をネット上に実現することです。団塊世代700万人の定年で始まる超高齢社会、当社はWeb2.0と総称されるインターネット技術を、より良い未来を作り出す道具の一つと捉え、あらゆる知恵・体験を集積し、社会に還元する事業、相互扶助・全員参加型のCGMコミュニティ事業を「OKライフ」( (リンク ») )として社会に提供していきます。
2006年12月、熱民株式会社として会社設立、2007年9月に株式会社オウケイウェイヴの資本参加による同社持分法適用会社となり、同年、株式会社オーケーライフに社名変更しました。

■株式会社オウケイウェイヴについて
(リンク »)
世界中の人と人を信頼と満足で繋いでいくことを理念に、1999年7月設立。米国で今日注目を集めるQ&Aサイトを2000 年1月にいちはやく「OKWave」( (リンク ») )として開設。更に、その運営ノウハウを応用し、拡大を続けるサポート市場を中心にエンタープライズQ&Aソリューション「OKBiz」やFAQ 作成管理ツール「OKWave Quick-A」、Q&A情報活性化ツール「OKWave ASK-OK」等のソリューションを展開。2006年 6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月には日本のオンラインサービス事業会社では初となる米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。今後は、Q&Aへの課金市場の創出、ベータオープンした「OKWave」英語版、中国語版を皮切りとした2010年の10言語、100ヶ国への事業展開を目指します。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!