第28回医療情報学連合大会に 会場ネットワーク敷設やデモンストレーションで協力

アライドテレシス株式会社 2008年11月19日

アライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋章禎)は、 11月23日から25日まで、パシフィコ横浜(会議センター)で開催される「第28回医療 情報学連合大会(第9回医療情報学会学術大会)」において、会場内ネットワーク (インターネットアクセス等)の敷設・管理や、病院のネットワーク・インフラを模した デモンストレーションに協力します。

日本医療情報学会が主催する医療情報学連合大会は、医療情報に関心を持つ
情報技術系の研究者や病院で実務に従事している医師、看護師、医療情報技師
及び病院IT担当者が、全国から3日間で延べ3,000人が集う学会で、シンポジウム
やワークショップ、一般口演と多数のセッションで構成されています。

会場はパシフィコ横浜の会議センター全館が使用され、この会場内のIPv6ネット
ワーク・インフラをアライドテレシスが敷設します。病院のネットワーク・インフラで検
討されることの多い無線LANを運用し、来場者に対して快適なインターネットアクセ
ス環境を提供します。

また、電子カルテなどの医療情報システムを構築する上で、ネットワークは重要な
インフラであり、安定性・安全性が求められていますが、医療情報の専門家でもネッ
トワークの知識・経験は不足しており、機能面・経済面で最適なネットワーク構築が
できていない場合も見受けられます。このようなことから、アライドテレシスでは会場
内に病院ネットワークにおいて重要性が高い「止めないネットワーク」「安全で安心な
ネットワーク」「運用管理の容易性」をキーワードに、コニカミノルタヘルスケア株式会
社様の医用画像情報システム「NEOVISTA I-PACS」や、パンドウイットコーポレーシ
ョン日本支社様のケーブルやラックを用いたデモ構成を構築し、実機で体験していた
だきます。また、昨年好評だった病院ネットワーク無料相談コーナーを設け、当会期
中限定の「病院ネットワーク無料診断」の申し込みを受け付けるほか、「初心者向け
病院ネットワークの基礎知識」と題したセミナーを実施することで、医療分野のネット
ワークを支援していきます。


<<ニュースリリースに対するお問い合わせ>>
マーケティング・コミュニケーション部
03-5437-6042 中野 正
tnakano@allied-telesis.co.jp
URL: (リンク »)
アライドテレシス株式会社  東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アライドテレシス株式会社の関連情報

アライドテレシス株式会社

アライドテレシス株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR