変革する中東の情報通信サポート技術

株式会社データリソース 2008年11月19日

インドの調査会社RNCOS社は出版レポート「中東のICT市場分析 2008年:各国の市場と主要企業ーMiddle East ICT Market Analysis」のプレスリリースにおいて中東各国の政府は市民にインターネットの利用を奨励しており、ビジネスや家庭でのPC利用の拡大、高度通信インフラの構築、規制標準に関しては最低限の介入などの措置をとっているという調査結果を発表した。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「中東のICT市場分析 2008年:各国の市場と主要企業ーMiddle East ICT Market Analysis」は、石油に代わる新しいエネルギーがどんどん登場してきているため、中東各国の政府は、石油以外の産業の開発に余念がないと報告している。そのため、中東各国政府は石油中心の経済から、情報集約型センターへの変革を模索している。

中東各国の政府は、経済と技術の開発において最も活気のある通信産業を最優先に考えている。そのため、情報通信技術は完全に自由化されており、国内外の私企業が市場に参入することが出来る。「これらの政府は優遇税制や自由貿易区を設けるなど、この地域に参入しようとする情報通信技術分野の企業に対して明確な優遇措置をとっている」とRNCOS社のアナリストは語る。

中東各国の政府は市民にインターネットの利用を奨励しており、ビジネスや家庭でのPC利用の拡大、高度通信インフラの構築、規制標準に関しては最低限の介入などの措置をとっている。情報通信技術産業の発展を刺激するために、これらの政府はコンピュータ、コンピュータ機器、ソフトウェアの関税を下げたとRNCOS社の調査レポートは明言している。

この調査レポートは、中東諸国のICT産業について、大規模な調査と慎重な分析を提供している。中東の情報通信技術産業に投資したり、高成長の可能性が高い分野を見極めたりするために役立つ不偏の事実を提供している。調査対象諸国は、サウジアラビア、エジプト、イスラエル、トルコ、UAE、イラン、ヨルダン(オーマン)、カタール、バーレーンである。調査レポートは、これらの各国のITと電気通信産業を詳細に研究した。
この調査レポートは、中東諸国のICT産業の歴史的背景と4年間の予測を記載している。IT産業(ハードウェア、パッケージソフト、サービス)、有線電話(加入者数と普及率)、モバイル電話(加入者数と普及率)、インターネット、ブロードバンド(加入者数と普及率)、3G(3Gの商用化が始まっている国)の詳細な概観を提供している。また、様々なセグメントで成長を促進している要因について詳細に議論している。

[調査レポート]
中東のICT市場分析 2008年:各国の市場と主要企業
Middle East ICT Market Analysis
(リンク »)

[RNCOSについて]
(リンク »)

※このプレスリリースに関するお問合せ
(リンク »)

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]