無料モバイルネットワーク 廃墟アドベンチャーRPG 「マホロビ~廃墟を紡ぐ歌~」の運営を開始

株式会社シーエー・モバイル 2008年12月04日

From ValuePress!

 株式会社シーエー・モバイル(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:外川 穣、以下シーエー・モバイル)は、2008年12月3日より無料のモバイルネットワーク・廃墟アドベンチャーRPGゲームサイト「マホロビ~廃墟を紡ぐ歌~」の運営を開始いたしました。

「マホロビ~廃墟を紡ぐ歌~」は、完全オリジナル作品となり、広告モデルの無料モバイルネットワークアドベンチャーRPGとなります。広告枠に関しては、2009年2月より販売予定です。

シーエー・モバイルは、今後も新たなビジネスモデルの創出に取り組み、モバイル広告およびモバイルゲーム市場の活性化を目指してまいります。

サイト名   :マホロビ ~廃墟を紡ぐ歌~ 
サイトURL  : (リンク »)
月額利用料金 :無料 (別途パケット通信料がかかります)
ジャンル   :廃墟アドベンチャーRPG
対応機種   :FOMA,WIN ,SoftBank 3G (※一部端末を除く)


□ゲーム内容

「マホロビ ~廃墟を紡ぐ歌」は、小説を読み進めていくアドベンチャーゲームに、多彩な戦闘要素を加えた無料のモバイルネットワークアドベンチャーRPGです。

「マホロビ」の舞台は、遠い未来「廃墟化」が進む日本。
プレイヤーは、1日2回の行動で「廃墟化」の謎の真相へと迫っていきます。

ゲームの構成は、ショートエピソードが連なっており、リリース直後はストーリーの序章である「エピソード1」が配信されます。順次「エピソード2」「エピソード3」と配信していく予定です。


□ゲームの特徴

■シナリオを読んで謎を解く

「マホロビ」は、プレイヤーに「推理」を求めるゲームです。
シナリオの各所に散りばめられた「言葉のギミック」を紡ぎ合わせ、次に行うべきアクションを能動的に選択し、謎を解き明かしながら、廃墟探索をしていきます。


■プレイヤーキャラクターがパーティメンバーに変身

プレイヤーは、10人までのメンバーキャラクターを持つことができ、その内2人と行動を共にします。
ゲームは、エピソード単位で完結となり、その際、別なプレイヤーキャラクターを作成することができます。新しいプレイヤーキャラクターを作成すると、前回プレイ時のプレイヤーキャラクターをパーティメンバーのキャラクターとして再登場させることができます。プレイヤーが育てたキャラクターを増やし、好みのパーティを編成できることも、このゲームの特徴です。



株式会社シーエー・モバイル概要   (リンク »)
社名 株式会社シーエー・モバイル
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
設立 2000年5月31日
資本金 1,889,750,000円(2008年9月末現在)
代表者 代表取締役社長 外川 穣
従業員 549名(2008年9月末現在:連結)
事業内容 モバイル広告事業、モバイルコマース事業、モバイルコンテンツ事業、
モバイルソリューション事業、海外事業
    
※ 画面は開発中のものとなります。
※ 文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
※「iモード」「iアプリ/アイアプリ」はNTTドコモの登録商標です。
※「EZweb」はKDDI株式会社の登録商標です。
※「Yahoo!」および「Yahoo!」「Y!」のロゴマークは、米国Yahoo! Inc.の登録商標または商標です。




【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社シーエー・モバイル
経営企画室 松川

TEL:03-6415-3424  FAX:03-6415-3401
E-Mail:info@camobile.com




《関連URL》
(リンク »)
(リンク »)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社シーエー・モバイルの関連情報

株式会社シーエー・モバイル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!